カンムリカイツブリ  

原子爆弾から75年目ですね。

75年も経過しているのに、核兵器どころか戦争状態の内乱すらなくすことができない人類って、なさけないです。

平和への誓いステージも、今年は二人の子供の間に透明衝立が用意されていますね。

カンムリカイツブリの雛ももうずいぶん大きくなり、親から離れて泳いでいました。

成長は一律ではありませんから、この子供はまだ親に着かず離れずでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

他3羽はもう自由に遊んでいるという感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他にバンの若2羽もいたのですが、動きはゆっくりなのにあっというまに草蔭に入ってしまい撮り逃がしました。





2020/8/6  21:20

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

暑い一日でしたね。
でも雨降り続きよりはいいです。
朝から布団など押し入れの中のものを干したり、洗濯をしたりです。
なんとなくカビくさいようで、気になるので、何日かかけて徹底掃除
ですw。
この時期は巣立ちの鳥が見られて楽しいです。
すぐに隠れてしまう鳥もいますが、カンムリカイツブリはそれほど人
間に敏感行動はとらないようです。
カイツブリもそうですが、野生の鳥の雛って、シマシマ模様が多いで
すね。

2020/8/6  19:38

投稿者:やまがっこう

カエデさん こんばんわ(^^♪

カンムリカイツブリのお写真が、とても素敵です。
ナイスショットですね♪
親子の姿に、とてもあたたかい雰囲気が伝わってきます。
水鳥の親子の絆に、心が癒されますね。
震災前にカンムリカイツブリの写真を撮ったことを懐かしく思い出し
ました。

今日は、猛暑を避けて、滝のある場所に行きました。そしたら、カリ
ガネソウの群落と出会えまして、開花が始まっていました。

標高1400メートルの場所ですが、近くの駐車場は首都圏ナンバーの車
がほとんどで、林間学校の子供たちもいて賑やかでした。ここまで来
れば新型コロナの心配もないと思っているのでしょうね。気持ちは分
かります。コロナ疎開という感じでした。

ただ、栃木の山の中に三密状態ができつつあることが気がかりでし
た。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ