カワラヒワ  

本降りです。

先日の大雨で決壊した球磨川がまた氾濫しましたね。

人吉市はまたまた水没です。

私の所も昨年の台風19号で氾濫、その後の大雨で再び洪水。

片づけを進めていたのに数日後には再び最初からやり直しで、ゴミ片づけで大変でした。

お見舞いを申し上げます、程度しかできないのが心苦しいです。

前線が一時も早く大きく移動してくれるのを願うばかりです。

カワラヒワは冬場ほどではないですが、この時期でもけっこう群れていますが、この時は1羽でした。

なんとなく♂のような気がしました。

♂♀の見分けは後で調べてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

松川浦の渚で採餌していました。

カワラヒワといったら野原や河川敷の荒地などで植物の種子などを食べているイメージがありますが、案外、動物性のものも食べているのかもしれませんね。

たとえば昆虫とか。

浦では小さな虫がたくさんいますから、効率よく採餌できるのかもしれません。

干潮時にヒバリが浦に下りて採餌している様子を見たこともあります。

餌をくわえて行ったと思うと、また戻ってきての時間から見て、子育て中のように感じました。

カワラヒワやヒバリが浦を利用して生活しているのは、たまに見かける程度ですから、まだ一般的ではないのかもしれません。

効率よく採餌できることから、子育ての時などはとても助かるなど、偶然に気がついた個体が利用している程度かもしれません。

きっとそのうち、真似をする個体が出てきて、やがてはヒバリやカワラヒワの普通の生活になるかもしれません。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ