オカトラノオ  植物

今日は21時ころからの雨予報。

明日は大雨とか。

昨日、ツチアケビの花を見に行こうとしたら、橋が流されていて、歩道橋みたいな仮の橋が設置されていました。

軽トラで通れるくらいの幅はありますが、人間の重量くらいしか支えきれないように見えます。

この先に人家がありますが、歩いて生活ということなのでしょうね。

橋ってどういうわけか木製の橋でさえ2億、3億という費用のかさむ工事なので、とてもすぐに架け替えなどできないのでしょう。

相馬市の場合は昨年の台風と大雨による被害甚大で、山に入るにはとても時間のかかることになりました。

ツチアケビはあきらめ、久しぶりの道をドライブ気分で走ってみることにしました。

坂を下って隣町に入った途端、道端に花盛りのオカトラノオの群生。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オカトラノオは近くで見ると小さな美しい花の集まりで、さすがサクラソウ科といつも感嘆しますw。

この周辺は、以前はキキョウやサギソウの群生地でしたが、常磐道工事終了後は1本も見かけなくなりました。

そろそろ復活してきてもよさそうですが。




2020/7/4  7:12

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

おはようございます。
今日から明日にかけてまた大雨予報ですね。
どうぞお気をつけてお過ごしください。
今日は土曜日ですから、学校はお休みでしょうか?
こちらの学校の夏休みは、8月7日からとなったそうです。
終わりも早いようなことを言っていました。
こちらの復興工事は本当にあきれるばかりの設計です。
ばかげていると思っています。
私の自宅から西の方を見ると、山上地区のずっと上の方まで山を切り
崩しています。
もはや取り返しがつきません。
環境アセスなんて単なる手順の形を踏むだけで、結果は反映されてい
ないと思います。
結果についての有識者からのO.K基準もかなり問題があると感じてい
ます。
現地を見に来ていないし、来たとしても数時間から1日くらいでは、
その時の状態しか知りえないわけですからね。

2020/7/3  21:08

投稿者:やまがっこう

カエデさん こんばんわ

やはり常磐道の工事は、阿武隈山地東縁の丘陵地帯の植生に影響をあ
たえましたね。

あの一帯は、今から3万年前〜2万年前、氷河期の最終氷期最寒冷期
に刻まれた谷が並んでおりまして、それらの谷に形成された湿地に氷
河期由来の貴重植物が残されていたのですが、常磐道の工事により谷
の流れが寸断されたりして植生に影響をもたらしたのではないかと思
われます。

デリケートな植生環境の維持までは常磐道工事では考えていなかった
のですね。

今行われている復興事業関連工事によって、どれだけあの周辺の植生
環境が変化するか、本当に心配です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ