コブハクチョウ  

午前中は降らない予報ですが、今にも降ってきそうなほど暗い朝です。

松川浦に飛来するコブハクチョウは、この時期は繁殖のためどこかに飛び立ってしまい姿はありません。

しかし今年は1羽だけ残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とてもリラックスして羽繕いをしていました。

悩んだり、悲しんだりしている気配は全然ありませんでした。

ケガをしているようには見えません。

でも望遠で覗くと、翼の先端の骨が見えているような感じです。

いわき市の竹さんも載せていましたが、同じような症状に見えます。

いわき市のコブはもっと骨が出ていますが、こちらの個体が今後どんなふうになっていくか気をつけてみます。

羽毛は再び生えてくるのですが、でもまた抜け落ちてしまうという繰り返しになるようです。

従って遠い距離は飛べないということでしょうか。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ