ペリプロカ・グラエカ  植物

西風の朝です。

ヒンヤリですね。

ペリプロカ・グラエカ。

なかなか覚えていられなくて、カモメヅル属のファイルに入れています。

必要な時はカモメヅルを開けばいいわけですw。

ペリプロカはギリシャ語で絡み合うとか、花期ねとか、生垣とかの意味です。
グラエカはギリシャの、という意味です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どうみてもガガイモのイメージですが、遺伝子塩基配列の比較検討による分類ではキョウチクトウ科になりました。

裏磐梯でコバノカモメヅルとして土産に買ったものです。

毎年、強剪定していて、数年後くらいに突然花を見て、びっくり。

こんな花が庭にあったとは。すっかり忘れていたのですw。

その時はデビルみたいな気味の悪い花だなあと思いましたが、今年はあまり衝撃は受けませんでした。

なぜか、嫌いではなくなったみたいです。

ほおっておくと一年で大きな藪になってしまうので、強い剪定をして切り戻すのがコツのようです。

そうすると、葉も柔らかで、緑も美しいです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ