オトコヨウゾメ  植物

今日は雨降なのかしら。

今朝は霧雨でも降っているかのように、地面がしっとり見えます。

降らないでほしいです。やらねばならないことが目白押しなので。

オトコヨウゾメは小さいけれどきれいな花を咲かせます。

クリックすると元のサイズで表示します

葉の形もいいし、秋の紅葉もきれいです。

紅葉は黒ずんだ紫色から始まり、その様子が名前の由来だという説もあるようです。

酔い始めの色だと解釈しているようです。

紅葉のこの紫色とは別に、花が終わると葉の何枚かが黒ずむことがあります。

スス病みたいな黒ずみ方なので、病気みたいで見た目が悪くなります。

標本を作ると、黒い標本ができあがります。

紅葉始めの沈んだ紫色といい、乾燥させると黒くなることといい、この植物がもともと持っている色なのかもしれません。

ポリフェノールの一種なのかもしれませんね。

話しが飛びますが、カラスノエンドウは緑々のなよなよした草なのに、刈り払って倒したままにしておくと、とても汚らしい黒ずんだ枯草になります。

カラスノエンドウは草取り後すぐにゴミの袋に詰めたほうがいいですよ。



2020/5/27  9:05

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

おはようございます。
今朝は青空に戻っていて、ほっとしました。
このまま午後ももってくれればいいですが。
オトコヨウゾメは花はきれいですよ。
実も赤くなってまあきれいです。
でも葉が、全部ではないですが黒くなるので、その点が若干・・・
標本も黒くなるので、最初はびっくりでした。
男酔初の意味なのかしらね。
不思議な名をつけたものですね。

2020/5/26  19:19

投稿者:やまがっこう

カエデさん こんばんわ(^^♪

オトコヨウゾメは、独特な白い色の花姿が印象的ですね。
お写真を拝見しまして、いろいろ思い出しました。
平成15年の5月、福島市の自宅からやや離れた山中で初めて写真を
撮ったことが思い出に残っています。高山の原生林を守る会の観察会
では、紅葉を教えていただき、美しさに驚きました。

福島市の山中では、オトコヨウゾメの花が咲く頃、トリガタハンショ
ウヅルも開花しました。しばらく足が遠のいたフィールドですが、自
然のまま残っていてほしいと思っています。

それにしても、オトコヨウゾメって、独特な名前ですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ