トウゴクサバノオ  植物

晴れ予報なのですが、雲が厚く、今にも降ってきそうな感じです。

今朝は5時半から神社の掃除があり、10時から直会。

同時に川土手の枯草の焼切りがあります。

集落にはまだ新型コロナは入ってきていませんが、今のところ人の移動はまだ自由ですからね。

先月半ば、震災以来9年ぶりに特急が走るようになり、東京が近くなってしまいました。

現時点の東京は、田舎から見ると赤信号が灯っています。

我が家もそうですが、集落内でも東京はじめ全国に親せきがあり、また治療で上京したりと、けっこう行き来があります。

こういう時点に至っても経済の落ち込みや停滞、停止回避を優先することは、感染者増で社会混乱が起きても、死者が出ても必要リスクと捉えているに等しいことです。

最優先すべきは接触機会を最大に制限する政策です。

政治家には直観力も必要なのだとつくづく感じます。

感染回避行動は個人の社会的責任でもありますから、皆様もそこの処の御自覚をくれぐれもお願いしたく思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トウゴクサバノオは相馬地方ではこれまで1か所しか知りませんでした。

先日、飯舘村に行く途中、たまたま立ち寄った沢筋に入ってみたところ、2か所目に遭遇しました。

花は30個くらいでしたが、100個体くらいはゆうにありそうな感じでした。

ユリワサビ、ニリンソウ、トリカブト、ラショウモンカズラ、テイカカズラなどの緑のそばに、ほとんどは閉じ加減でありました。

トウゴクサバノオは陽光を浴びて花を開きます。

花弁に見えるのは萼片ですが、ニリンソウなど他のキンポウゲ科と一緒で美しい花に見えます。

白に近い淡いクリーム色が微妙ですね。






2020/4/5  12:49

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

トウゴクトラノオ、あちこちで見ていますが、相馬地方では珍しいです。宮城の方でもあるのですが、どういう理由で生育が少ないのかしらね。こちらでは2番目になります。1番目より個体数が多いです。

新型コロナは東京ではもう猛威段階ですね。
南相馬市も接触者が陽性になっていますが、元は東京からの持ち帰りです。
ロックダウンしていなくても休業せざるをえない所が増えていますから、田舎に帰省する人もけっこうあるかもしれません。
疎開をかねるケースもあるでしょうし。
田舎もまもなく蔓延状態になるでしょう。
リーダーには直観力が必要ですね。
直観力は結果まで見透し、結果への道筋が見えますから、決断が早くなります。
やまがっこうさんにも長年のご厚誼に御礼を申し上げておきます。
今はまだ元気ですから。

2020/4/5  10:10

投稿者:やまがっこう

カエデさん おはようございます(^^♪

トウゴクサバノオのお写真が、とても素敵です。
そして、懐かしいですね。平成22年の5月にカエデさん達と井出川渓
谷を観察したことが思い出されます。

それにしても、首都圏での感染がすごい数になってきました。とにか
く、緊急の必要がないかぎり電車やバスの利用はひかえていますし、
町場にも行かないようにしています。

こういう時、食料の移動販売車の営業があれば役立つのではないかと
思います。あと、食事の配達営業なんかも役立つのでは、、福島にい
たとき、移動販売車なんかがありましたが、ご高齢の世帯の方には便
利でしたが、こういう方法も、今こそ、その利便性を見直す必要があ
るのではと思いました。

今は、経済よりも人の命を優先すべきですね。生きていればこそ経済
も再建できますから。

昭和史を調べていて、こんなとき、吉田茂さん、田中角栄さんや小泉
純一郎さんだったらどんな決断をしたのかなと考えてしまいます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ