ケヤマハンノキ  植物

昨年の台風や大雨で山の道は思いがけないくらい壊れてしまっています。

あちこちの山道を通れるかどうか、時間の余裕のある時に確認に出かけています。

ハンノキはもう雄花を下げています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山道は進めそうと思っても突然土砂がふさいでいたり、舗装されている道路も車に乗っていては見えない道路の底部分が流されていたりしますから、要注意です。

台風や大雨の時は、たとえ近道であっても山道の利用は絶対に止めましょう。

雨の後に行ってみると、思いがけない光景をよく見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小さな山でも、沢筋が鉄砲水のような勢いで下った水に破壊され、道路を横切っているのなどはしょっちゅうです。

昨日は南相馬市の横川ダムに注ぐ沢筋上流に、流された車がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

この沢の上流には水くみ場があり、駐車できる場所もありますが行きどまり。

大雨の時にこんな山道に入るのか、もしも仕事であったとしても理解に苦しみます。

くれぐれも、雨の日の山道は要注意。というより、廻り道で避けてほしいものです。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ