にじ  童話

 にじ  
                   
「ただいまあ」

女の子が学校からかえってきました。

女の子は、この春、一年生になったばかりです。

「おかあさん。きょうね、虹がでたんだよ」

「あら。虹を見たの? よかったわねえ。おかあさんも見たわよ」

おかあさんは、せんたくものをたたんでいた手をとめました。

「どこで見たの?」

「あのね。校庭のてつぼうで、さかあがりをしていたとき」

おかあさんは、大きなケヤキのしたで、てつぼうをにぎり、思いっきりじめんをける女の子のすがたを、おもいうかべました。

「おかあさんは、どこで見たの?」

「おかあさんは、おうちのまえで」

「ふーん。よかった。虹をみつけたとき、おかあさんにも、おしえたいなっておもったの」

女の子はほっとしたようなかおでいいました。

「おかあさんもね。おしえてあげたいなあっておもったのよ」

女の子はとてもうれしそうです。

「にじはね。てつぼうに、さかさまになってもみえていたよ」

おかあさんは、女の子がてつぼうに、さかさまになっているすがたをおもいました。

「でもね。てつぼうのしたの水たまりには、虹はうつっていなかった」

「水たまりにうつるのには、虹はきっと大きすぎたのね」

おかあさんと女の子は、これまではいつもいっしょに、虹を見てきました。

手をつないで見たことも、なんどもあります。

でも、女の子が学校にゆくようになったので、きょうの虹は、二人がはじめてべつべつに見た虹だったのです。

これからはいっしょに虹を見ることも、少なくなってゆくでしょう。

でも、それが、子供がせいちょうしてゆくということなのです。

おかあさんはにこにこしながらも、心の中はちょっとしんみりしていました。    

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 童話



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ