白いハンカチ  童話

ちいさなハンカチ              

クマさんはリスさんのともだちです。

リスさんはクマさんのともだちです。

ふたりはどこにいくのもいっしょです。

黒い毛におおわれたクマさんのかたやせなかには、いつもクリいろをした小さなリスさんがのっています。

夜になってねむるときだけはべつで、リスさんは大きなサワグルミの木のほらでねむりました。

クマさんは、リスさんがねむる大きなサグルミの木のしたの、ササをおふとんにしてねむりました。

リスさんははやおきです。朝になって、山があかるくなると、リスさんはもうサワグルミをかけおります。

クマさんは、おねぼうです。夜がおそいせいもありますが、山があたたかくなってからおきるのです。

「クマさん、おはようございます。」

リスさんは、サワグルミの木に、さかさまにしがみついたまま、クマさんにあいさつします。

「ム、ム、ム、ム.オハヨウ、リスさん」

クマさんは、かためをあけてあいさつします。

それから、またねむってしまいます。

リスさんは、クマさんのめがさめるまで、ちかくでクルミをほりおこしたり、サワガニをおいかけたりしてあそびます。

ある日のこと、リスさんはもっとはやおきでした。

「クマサン、クマさん。おはようございます」

「ム、ム、ム。おはようリスさん」

クマさんは、かためのはんぶんをあけていいました。

「クマさん、クマさん。きょうはぼく、まちまでおかいものにいってきます。クマさんにも、おみやげをかってきます」

「ム、ム、ム、ム.いっていらっしゃい。きをつけて。ム、ム、ム、ム」

クマさんは、めをつむったままいいました。

その日、クマさんはおひるごろにめがさめました。あたりをみまわしても、サワグルミの木をみあげても、リスさんはいません。

「リスさ〜ん」

クマさんはこえをあげてよんでみました。

でも、へんじはありません。

水の音と、風の音がきこえるばかりです。

クマさんは、きゅうにひとりぽっちになったようなきがして、かなしくなりました。

リスさんがいつもあっそんだり、ねむったりするサワグルミの木も、いつもとちがって、しらない木のようにみえます。

クマさんは、しかたなく、さわにおりて、水をごくごくのみました。

それから、水にはいって、あたまとかおを、ざぶざぶあらいました。

つめたい水でかおをあらうと、クマさんは、わすれていたことをおもいだしました。

「そうか。リスさんは、けさ、おかいものにでかけたんだっけ」

クマさんは、リスさんのいないわけをおもいだすと、きゅうにげんきになりました。

でも、リスさんがいないと、つまらないので、ちかくのブナの木のうえで、またねむることにしました。

「クマサン。クマさん。おきてください。もう日がしずみますよ」

クマさんが目をさますと、となりのブナのえだに、リスさんがはずかしそうにたっています。

「コレ、クマさんへの、おみやげです」

リスさんはクマさんに、小さなつつみをもたせました。

「ぼくと、おそろいにしました」

おみやげは、リスさんの小さな手によくにあいそうな、雪のようにまっしろな、ちいさな、ちいさなハンカチでした。

「どうもありがとう」

クマさんは、ちょっとこまったなとおもいましたが、大きなこえでいいました。


タグ: 童話



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ