メグスリノキ  植物

昨夕から気温が下がりましたね。

我が家はコタツがありますが、浸水したお宅ではまだまだ畳も入っていない所がたくさんあります。

昔の畳をいれていたお宅では、床板に風通しのための隙間があるため、とても寒いということです。

補修の補助金申請の受付けも始まっていますが、いろいろと決まりがあり簡単には受け付けてもらえないそうです。

たとえば、畳は現代の軽い畳ではなく、昔ながらに畳やさんが作る畳をいれなければならないとか、給湯器は申請できるが流し台はダメとか・・・

畳が濡れて運び出した家では、だいたい乾燥しきったように見えるので、コンパネを入れて軽い畳を入れ、その上にジュータンなどを敷けば一応コタツも置けるわけですが、あくまで原状回復が補助金の目的なので、いわゆる本畳でないとならないそうです。

コンパネを入れて昔の床板の隙間をふさいでは補助金は出せませんと言われるということです。

畳屋さんでさえ浸水しているのに、また畳屋さんの数も職人も限られているわけで、順番はなかなか進まず、寒い季節を過ごさざるをえないわけになります。

どこかおかしいんじゃないかな。。。

補助金は原状回復ではなく、原状と似た生活ができるように支援するのが目的ではないですか?

国や県から付いて来る申請許可範囲の解説文の解釈の仕方、文章の解釈の仕方のせいなのかもしれませんが、困っている被災者がたくさんおりますよ。

支援の最高額は決まっているのですし、畳はむしろ今の物のほうが安価なのですから受け付けてもいいはずと思うのですが。


さて紅葉したメグスリノキは目がさめるような心地がします。

日々の屈託が晴れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、相馬市内のある場所で「メグスリノキ紅葉祭り」が催されるという案内が広報に載りました。

楽しみに出かけてみましたが、こういう鮮やかな紅葉はどこにも見当たらず、不思議なものだと思いつつ、せっかくなので近くを散歩しました。

帰り際になって気づいたのですが、メグスリノキはやはりありまして、ただ紅葉していなかったのです。

アブラムシがついて葉はちぢれ、枯れかかっている葉ばかりで、目立たなかったわけです。

メグスリノキは里ではむずかしいのかもしれませんね。

山に入ると紅葉では他の木は敵いません。

南相馬市原町区を流れ下る新田川の上流に見事な大木がありました。

もう10年くらい見に行っていないわけですが、今も立っているかしら。





2019/11/28  9:38

投稿者:アライグマ

炬燵最高〜〜〜〜
でも、気持ちよすぎて動けなくなる欠点が。
テレビ・ビデオのリモコン、携帯、みかんなど手の届く範囲において・・・・うーん日本人に生まれて良かった。(o_ _)o 〜〜〜

2019/11/28  8:27

投稿者:カエデ

アライグマさん

おはようございます。
曇りです。
1か月前は夏だったのに、もう真冬の寒さです。
本当に、春と秋がなくなってしまいましたね。
メグスリノキの赤はピンクがかっている赤なので、遠くからでも目立ちますね。
メグスリノキがたくさん見られる場所が何か所かあるので、毎年楽しみにしています。
アライグマさんの記事でクロヤツシロランを思い出し、昨日見に行って来ました。
こちらのはせいぜい20cmくらいしか背丈を伸ばしていませんでしたが、種子を飛ばした形を初めて見ることができました。
ムヨウランの飛ばし方に似ていますね。
今年は株数が少ない年だったのかもしれません。
今朝叔母のところに行ってみたら、寒いので軽い畳をもう入れたと言って、コタツに入っていましたw。

2019/11/27  21:01

投稿者:アライグマ

お疲れ様です。
ストレスたまりますね。
σ(^^;)は介護のストレスをスルーできる体質になってきたかも。
我が家の建て替え前のアパートは戦後にアチラコチラに大量に建てた鉄筋コンクリート製で床下の湿気を逃がすために空気口がありました。
おかげで冬は底冷えしました。その為にその空気口を板で塞いでみたのですが余り効果はなかったかな。
湿気を逃がす程度ならほんの少しだけの隙間があれば大丈夫だと思うので試してみても良いかも。
それにしても良い赤出てますね。(^o^)/

2019/11/27  19:27

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

こんばんは
災害復旧は支援金が国、県が出処なので、任される市の対応も大変なのでしょうが、国語の成績はどうだったのかなあと思わざるをえない状況ですw。
給湯器や浄化槽のモーターなどは、動いていても水没したのなら買い替え承認です。
エアコンなど電化製品は一律ダメですから、エアコンでの暖房も使えない人がいるでしょう。
夏場の冷房が必要になると、補助金として数万円の援助がありますから、それが半年早くなるとしてもいいような気がするのですがね。
畳屋さんも浸水で機械が使えず、中古機械を大阪からゆずってもらったそうです。
以前の機械は一日に30枚作れたそうですが、中古では15枚がせいぜいで、精神的にも参りそうな日々と言っていました。
片づけに追われている間に、あっというまに寒くなってしまいましたからね。
来年は新田川渓谷の大木のメグスリノキを見に行くことにします。

2019/11/27  18:05

投稿者:やまがっこう

カエデさん こんばんわ

それにしても、復旧事務を担当する役所の頭が固すぎますよね。とに
かく、板張りして畳入れて暖房しないと今年の冬を過ごすことは不可
能なのに、旧式の畳しか認められないとなると、来年になってしまい
ますね。畳屋さんだって仕事が間に合わないと思います。

あまりに理不尽なときは、司法書士とか行政書士とかの民間の法務事
務所の力を借りて正常な形に戻すのもひとつの方法かなと思いまし
た。東日本大震災の復旧法務事務などを経験されているプロパーの方
もいらっしゃいますし。復旧復興の事務手続きって、一般の人にはか
なり難解なものがありますよね。本当は、こういう時こそ一般の人に
分かりやすい手続き方法を示すのが役所の任務のはずなのですけど
ね。

須賀川の姉さん宅は床板がまだ乾燥していないので、一階の復旧は来
年になってしまいまして、何とか二階の息子夫婦の生活スペースに同
居しての越年になりそうです。何かと気をつかって大変みたいです。

メグスリノキの紅葉は、とても目が覚めるくらいに美しいですよね。
僕も、昨年、白河市で観察して以来です。震災前に、福島市の山中で
素晴らしい紅葉を目にしたことを思い出しました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ