クロヤツシロラン  植物

いわき市に続き、県内で2例目のクロヤツシロランです。

昨年、キノコ観察会の際見つかりましたが、似たような種があるということで、花の確認を待っての同定となりました。

クロヤツシロランが咲いたと連絡をいただき早速出かけましたが、花といっても地味。
さらに想像していたよりもずっと小さい。

蕾は大人女性の小指の爪くらい、花は中指の爪くらいかな。

さらに、地面のすぐ上で、土や朽ち葉と見分けにくい。

探すといっても、うっかり歩き回ることさえできません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、果実期に入っていた時は20ccmくらいの背丈になっていました。

のっぽさんは1mくらいにもなるそうです。

花の時はみつからないようにしていて、果実ができそうになったら、大急ぎで背丈を伸ばし、できるだけ遠くに種子を飛ばす算段なのでしょうね。

竹林でみつかることが多いので、皆様のお近くの竹林にもあるかもしれません。

県内ではいわき市と南相馬市、宮城県でも昨年、それらしい果実期のものがみつかっています。
今年ははっきりするでしょう。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ