ポポー  植物

ポポと呼ぶ人もいますが私はポポーと呼んでいます。

キウイのように野生化していて、川土手から引き抜いて来たものを私も植えてみました。

根の形状のせいで水揚げが悪いので、一旦は枯れたように見えましたが、新しい葉が出てきたので大事に育てています。

震災前の年に、栽培している方をみつけ一度だけ購入したことがあります。

それが初めて食べた時。

好みの果物だったのでこれから毎年食べられるなあと思っていたら、原発事故で連絡が取れなくなってしまいました。

ポポーは熟して落果したものを食べるらしく、イノシシやタヌキが通うようになるとのことでした。

それでも植えておけばいつかは食べられるわけで、楽しみにしているところです。

先日、通りがかりにヨウシュヤマゴボウを撮影しようとしたら、近くの木にポポーの実をみつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以前に通った時は、こんなところにトチノキがあると思って過ぎたのでした。

葉の雰囲気がちょっと見、トチに似ています。

実が見えなかったら、今回もトチだと思ったまま帰ったかもしれません。

このポポー、草ぼうぼうの休耕地の畑にありますが、所有者がいることに変わりはないので勝手にいただくわけにはいきません。

小高なのでおそらく避難したまま帰っていないのかも。。。。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ