1F汚染水  震災

福島の海辺に住むものとして、ガックリの結果です。
放射性物質に汚染されているタンクの水を海に放出すると、希釈されるわけだから大丈夫と担当大臣は言っています。
海の広大さと海の寛容を信じ切っている発言なのでしょうが、放射性物質が消滅するわけではないということがどうして理解できないのでしょう。
ストロンチウムが自然崩壊して消滅するまでの数十年間、海洋汚染をさらに拡散し、拡大するだけの行為であることになぜ考えが及ばないのでしょう。
ストロンチウムを体内に溜め込んだ魚を食べた者はたまたまの不幸に遭遇しただけだとでもいうのでしょうか。
私たちはどれだけ海の恩恵に浴しているか、福島県沖の海は福島県だけのものではなく世界の財産であることに気づいてください。
最近は店頭にクロソイがけっこう並んでいますから、ガックリきています。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日 9:33
【緊急警報! 福島の海で何かが起きている。事故後8年半が経って過去最高値のストロンチウム90】食べるな1F沖底魚!
 
東京電力のモニタリング検査で、福島沖の魚介類の放射性物質を調べた結果、
今年5月に採取 したクロソイから過去最高のストロンチウムを検出、54・52Bq/kg!
 
これでも漁業再開? この元の汚染タンクを海洋放出!? 狂ってる。風評被害ではなく確実に実害。
 
●検査結果
Cs143 6.7Bq/kg Cs147 95Bq/kg 合計101.7Bq/kg
Sr90 (1回目) 54Bq/kg (2回目) 52Bq/kg
http://www.tepco.co.jp/…/pdf_csv/2019/3q/fish01_190911-j.pdf
 
ストロンチウム、過去最高値検出 福島沖のクロソイ /福島県
 
東京電力は11日、福島沖の魚介類の放射性物質濃度を調べる独自のモニタリング検査で、5月に採取し、放射性セシウムが検出されたクロソイを詳しく調べたところ、放射性ストロンチウム90が過去最高値となる1キロあたり54ベクレル検出されたと発表した。
 東電は一定の濃度のセシウムが検出された魚について、ストロンチウムの検査をしている。2012年度以降、約150回の検査をしてきたが、10ベクレルを超えたのは17年1月に採取されたクロダイ(30ベクレル)以来。
 今回のクロソイは、福島第二原発から沖合2キロ付近で採取され、放射性セシウムが101・7ベクレルだった。今回の結果について東電は「第一原発港湾内から出た魚の可能性がある」としている。港湾内は3重の網を張るなど魚の出入りを防止している。
 ストロンチウム90は半減期が約29年で、骨に長くとどまりやすく、セシウムより毒性があるとされる。(朝日新聞9月12日)
 

 
魚介類のストロンチウム汚染に関しては、この記事がよく調べてある。過去にこんなに高いストロンチウム90汚染は記憶にない。
 
魚介類のストロンチウム90 ダイジェスト(東京電力) | フクシマンの福島リポート(郡山市) https://ameblo.jp/masa219koro/entry-11526441095.html
 
 
画像は白石草さんTwitterより拝借。
https://twitter.com/hamemen/status/1173354476985442305
 
#EZ講演会
#講演会資料
#ストロンチウム
#Sr90



2019/9/19  21:46

投稿者:カエデ

ohtomoさん

こんばんは
サウジのように、小さなドローンが飛んできて、F1,F2に爆弾を落としたら、なにもかもですね。
政治と経済はどこがどうなっているのか一般人には分かりません。
新しい環境大臣も、放射性廃棄物を「30年後は必ず県外に移動します」と言っていますが、もしも健康でこのまま政治生命が続くとして、30年後、彼はそれ相当の立場にいるでしょう。
30年前の約束を遂行しなければならない立場にいる可能性を見越して、環境大臣に任命したのかもしれません。
意地の悪い話ですw。

2019/9/19  13:51

投稿者:ohtomo

原発で使い終わった高レベルの放射性廃棄物、これを地下深く数万年単位で処分、これには大いに疑問です。
誰が数万年先まで予測することが出来るでしょうか?
その時は人間なんて存在してないかもしれない、宇宙規模で何が起きるかも想像も出来ない

人間の力でどうにもならない原発をどうして作ってしまったんでしょう
1万年後ところか、1000年先さえ想像できません

2019/9/19  12:20

投稿者:カエデ

ohtomoさん

トリチウムは水そのものみたいな性質ですから、現段階での分離浄化はできそうにもないですね。
しかし、ストロンチウム、トリチウムの他にも放射性物質はふくまれており、海に放出は反対です。
それじゃあ他にどんな手立てがあるかを提示しなければならない点が問題です。
批判するだけなら簡単ですからね。
生物が絶対存在しない方角の宇宙深くロケットで放出するとか、太陽に請け負ってもらうとか、海から遠い火口に運んで1000年かかって下流域に出る地下水になってもらうとか。
それにしたって、燃料棒のプルトニウムなんか自然崩壊に万年単位の時間が必要です。
今回も微量と言う報告ではありますが、周辺でもみつかっています。
科学的理論の根拠はありますが、発表データがすべてではないと思います。
何か、地中深くに放出して、数十年を土に抱えていてもらうというような方法はとれないものでしょうかね。
現在の場所では海に近すぎますものね。

2019/9/18  20:41

投稿者:ohtomo

>放射線物質に汚染されてるタンクの水を海に放出する
これは間違いで汚染されてる水をALPSで処理した処理水のことを言ってるのです
処理できなかったトリチウムは残るとのことですが、これは自然界にもあるし、原発がある世界の国々では当然のごとく海に流してるそうです
昨日でしたっけ、大阪の松井知事がその処理水を大阪湾で流してもいいと発言し、記事にもなりました。私はその考えに賛成です、でも福島から大阪まで運搬となると?。一番の問題は風評被害でしょう、私は科学的に安全が証明出来れば海に放出は理解出来ます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ