青リンゴ(祝いわい)  植物

スーパーで青いリンゴを見かけました。

祝(いわい)という極早生種のリンゴです。

お盆のころにはもう食べられますから、一番早いリンゴではないでしょうか。

子どものころ、納屋の前に祝とインドリンゴの2本があり、夏休みにはもうおやつのように食べていました。

久しぶりでこのリンゴの木のことを思い出したので、買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

思っていたよりすっぱくなく、なかなかおいしい。

祝を食べてみて思ったのですが、最近の改良種は甘さが過ぎているような気がします。

青リンゴは素朴といえば素朴な食味なのでしょうが、甘味やジューシーさが過剰ではなく、むしろこちらの方が上品な味という感じもしました。

1袋に9コで500円でした。

数字はあまり気にしませんが、どうして9コなんでしょうね。

最近はお鮨も9コ入りですね。

インドリンゴも最近は見かけなくなっているリンゴですね。

こちらは酸味が薄く、甘いリンゴで、たいていはちょっといびつな形をしていて、子ども心にそこがおもしろいリンゴでした。

ほんのり赤味がさすところもよかったですね。

インドリンゴはその後どうなったのかなと検索してみたら、王林や陸奥などの親になったということです。

そういえば、王林のあの香りはインドリンゴに似ていますね。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ