カルガモ  植物

昨年は、昨日14日に庭のヤマユリが一斉に6コ開いたとなっています。

今年は白くはなってきましたが、まだです。数日遅れの感じ。

田んぼと田んぼの間の狭い畦道に、カルガモ一家が並んでいるのを何度か見かけていました。

昨日は田んぼに水を引き入れるちょっと広めの堀の中にいました。

昨日がこの堀へのデビューなのかどうかは分かりませんが、1羽だけなかなか水面に飛び降りられずに、堀際の土手を歩いていました。

ファミリーは一応気にかけていますが、待っていられずに川を下り始めます。

一応、みんなで待っているところ
クリックすると元のサイズで表示します

だいじょうぶだよ。ゆっくり先に行こう
クリックすると元のサイズで表示します

一応、草土手に近いところに寄って、下っていきます
クリックすると元のサイズで表示します

橋の上を渡って横断するのはなかなか勇気がいります
クリックすると元のサイズで表示します

橋の横断より、飛び込む方をえらびましたw。
クリックすると元のサイズで表示します

ファミリーの姿が見えなくなるのはかなりの不安だったのでしょうねw。

2番目と5番目の写真にヒナが写っています。

クリック拡大で、ヒナを探してご覧ください。






2019/7/16  22:43

投稿者:カエデ

アライグマさん

こんばんは
コブハクチョウが田んぼのイネを食べるようになったら問題にせざるをえませんね。
どんなふうにして防ぐのでしょうか。
私の所は、繁殖はどこかへ旅立っていき、冬場になると再飛来します。
千葉の所は繁殖地なのでしょうかね。
住み着いているというのは、年中いるということでしょうかね。
以前、10月に千葉に行った時、手賀沼に1組がいたのを見ていますが、100羽というのは夏場の数かもしれませんね。
コブハクチョウは大きいので、カルガモやアイガモの除草のようにはうまくゆきませんね、きっと。
食べる量も多いでしょうし、泳ぐだけでイネ苗が倒されて、沼のようになってしまうでしょう。
イノシシなら電気柵とかありますが、翼を持っていますからね。
どういう対応をすればいいのか、難しいですね。

2019/7/16  20:11

投稿者:アライグマ

先ほどワイドショー的なニュースで千葉のコブハクチョウの事をやっていました。
餌や利する奴がいるらしく100羽ほど住み着いてしまい田圃が禿げ坊主にされている画像が流れていました。
水田雑草を食べる良い奴だと思っていたら・・・・(/||| ̄▽)/

2019/7/15  19:58

投稿者:カエデ

アライグマさん

普通の人は想像すらしたことがないような出来事が最近よくありますね。動物と子供相手の犯罪は、絶対許せません。
行いに対する対価である罪を重くすべきです。
カルガモは年中いまして、数は増えていると感じます。
私が子供のころはいなかった鳥です。
稲穂が稔ると、次々に穂をしごいて籾を食べちゃうので、秋になると耕作者からは嫌われます。
でも彼らは翼を持っていますからね。
田舎のカルガモには野生が残っていて、捕まったりはしないと思います。
近くで撮りたくても、傍には近づけないんですよ。

2019/7/15  19:09

投稿者:アライグマ

カルガモと聞くと昨日のニュースを・・・・
くちばしにガムテープが巻かれたカルガモ・・・
酷いことをする奴もいるもんだ。
家の近所にもそこに行けばかなりの確率でペアーのカルガモに会える水路があります。
(*^.^*)カルガモって生活力あるな〜〜〜〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ