コジュケイ  

春先から、けたたましい声はすれども、姿はなかなか見せないコジュケイ。

コジュケイはこれまで5度見ていますが、思いがけない時にすぐそこにいるので、撮影は3度だけ。

今回も山道のカーブを曲がったそこにいました。

目の前の道の真ん中です。

窓を開けたりする動作すら控え、フロントガラス越しに撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当然、大ボケ写真が多く、どうにかなりそうなものを画像調整しています。

この時期の鳥は家族連れの場面が度々で、微笑ましいです。






2019/7/14  19:37

投稿者:カエデ

あねさま

偶然ですよ。
花とちがって、タイミングはとても選べません。

豊かさは人それぞれに視点が異なるのでしょうね。
山林の手入れが行き届かなくなり、自然遷移や自然回帰が豊かだと感じる人もいれば、整備された山林が豊かな自然と感じる方もあるでしょう。
ただ、どちらの視点を持つにしろ、放射能やプラスチックなどでの汚染なき状態が最優先、その基本にあります。

2019/7/14  15:32

投稿者:へこきあねさ

家族連れが撮れたとは思いがけず
ラッキーでしたね。フィール駄ワーク生活を
中心に据えていらっしゃるカエデさんならでは
の写真。
豊かな中山間地を思い浮かべます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ