ビワ  童話

だれのものでももないビワの木がありました。

ビワは、川の土手の上に、ポツンと立っていました。

ずうっと昔に、川遊びにきた子供が、ここでビワを食べ、その種をここではきだしたのです。

運よく日あたりのよい土手だったので、ビワはそこに根をおろし、それから芽を出し、毎日すこしずつ大きくなりました。

今では、たくさんの実をつける、りっぱなビワの木になりました。

実のなる夏になると、まず、たくさんの小鳥たちがやってきます。

子供たちもやってきますし、魚をつりにきたおじさんたちも、通りがかりに、ビワを三つ四つ食べてゆきます。

でも、ビワの木のまわりがにぎやかなのは、ビワが実をつけている間だけです。

年の暮れの花の時期にはアブがやってきますが、それいがいはもうだれも遊びにきてくれません。

さびしくなると、ビワは思います。

「どこかの庭先にあるビワなんかとはちがうんだ。ぼくは、だれのものでもないビワなのだから」

そう思うと、ビワはきゅうに気高いビワになったようで、きらいな西風に吹かれても、がんばることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

夏休みにはいったある日、二人の子供がやってきました。

ビワはたくさんの実をつけていました。

「食べたいだけ食べてもいいよ」

大きな子がいいました。

小さな子はびっくりしてききました。

「このビワ、だれのビワ?」

「だれのビワでもないよ。コトリだって、サルだって、クマだって、だれだって食べてもいい、みんなのビワさ」

これを聞いて、ビワは枝をゆらすほどおどろきました。

だれのものでもないビワが、みんなのビワだなんて、これまで一度も思いついたことがなかったからです。

ビワは、強い西風にたった一人心ぼそく吹かれている自分を、ちょっと思いだしました。

それから、こう思いました。

西風はきらいだ。
でも、そんな時、これからは〈みんなのビワだ〉と思うことにしよう。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ