コウボウムギ  植物

今日も一日中いい天気でした。

午前中は歯科医。

歯科も1か月に1回しか予約できないので、なかなか進みません。

1〜2回で終われるような方法を取ったとしたら、予約は1年先、2年先になってしまうのかしら。

何かいい方法がないものですかね。

あと2回で終わるらしいけど、お盆のころまでかかっちゃうね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コウボウムギの砂原もなかなかいい感じです。

ハマヒルガオとかハマボウフウがあると、華やかになったり、ダイナミックになったりしますが、コウボウムギとコウボシバの地味な感じもステキ。

群生していても静かな印象で、郷愁を誘うような景色です。








2019/6/15  18:24

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

梅雨と言っても本降りの雨です。
こういう降り方は、これまででしたら梅雨明け間近のころですよね。
研究会は天候に恵まれ、海辺を歩くには最高の日よりでした。
道草が当然の観察会ですからw、最後は大急ぎになってしまいました。
松川浦の離れ崎で昼食をとりました。
離れ崎は、桟橋の先のハマカキランがあった所です。
現在は希少種はまったく残っておりません。
寒河江はよくニュースになっていますね。
山形県は本当に豊かなイメージです。
雪が深いだけに、水に恵まれているのでしょうね。
最近は鮭川の米湿地も知られるようになりましたね。
テレビでも新聞でも紹介されています。
高速道路がつながって、山形も近くなりますね。
タケシマランはまだ見ぬ花です。
後で、ブログを読ませていただきます。

2019/6/15  16:19

投稿者:やまがっこう

カエデさん、こんにちわ♪

お久しぶりです。研究会本当にご苦労様でした。カエデさんの地元なので
参加したかったのですが、寒河江の方に色々と用事があり、失礼いたしま
した。

海岸のコウボウムギの風景は、懐かしいです。楢葉の波倉海岸や、いわき
市の新舞子海岸の震災前の風景が思い出されますね。

山形の方も、寒かったり暑かったり、晴れたり雨降ったりと変化があり、
体調管理に苦労しています。サクランボ農家も忙しさのピークを迎え、み
かママも毎日頑張っています。僕らはバックアップで、ひまわり君と家事
一切をやっています。そろそろ主力品種の佐藤錦の収穫も始まるので、果
樹農家さんは大変ですね。

先だっての暑い日、半日ほど月山山麓を歩けまして、タケシマランとであ
えまして、大ちゃんたちのパソコンを借りてブログアップいたしました。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ