ペンステモン・ハスカーレッド  植物

晴れていますが、なんとなく梅雨入り前の空。

昨年購入のペンステモン・ハスカーレッドが開花。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年は気づかなかったのか、それとも忘れてしまっているのか、花や萼片に透明な小さな玉がたくさんついています。

モウセンゴケのイメージによく似ていますが、モウセンゴケは待ち針の頭が透明の玉なのに対し、ペンステモンは立ち上がりの針部分から透明です。

蜜なのかと思いましたが甘くはありませんでした。

15倍レンズでよくよく調べたら、やはり粘液らしく小さな翅の虫があちこちで捕まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

指先ではほんのちょっと粘り気を感じるていど。

アブラムシがつきやすいとなっているので、虫よけはスプレーしています。

なるほど、茎や葉部分にはこの粘液球はありません。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ