バイモ  植物

この時期、庭のオオモミジの散り具合が気になり、カーテンを開いて最初に眺めます。

おお、今朝もまだ持ちこたえていますね。

あれ?  カエデの根元の土が不自然な感じで見えている・・・

クリックすると元のサイズで表示します

犬たちを外に出したついでに見に行くと、何かの小動物がそこで寝ていたかのような窪みが・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜でしょうね・・・何が寝ていたのだろう・・・

ドキッ !!!!!

は〜っ、これは大切なバイモが喰われてしまった痕 !!!!!

朝からガックリでした。
食べたのはイノシシでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します

バイモは奈良時代に薬用植物として渡来した、中国原産のユリ科です。

2005年に相馬市に住む叔父からいただき、植木鉢で育てていました。
しかし昨年の原発事故後、いつ避難してもいいようにと、庭に移しました。

クリックすると元のサイズで表示します

狼藉の痕をみると、鱗茎がたった1枚残されています。
ちょっと齧り痕があります。

芽を出せるかどうかですが、一応レスキュー。
植木鉢に移してみます。

もう十数本もの茎が立って、見事な株になっていたのに。

イノシシはヤマユリだけでなく、ウバユリの鱗茎まで食べてしまっていましたが、バイモまでみつけるとは想ってもいませんでした。

負けましたw。
タグ: 福島 バイモ 植物



2012/11/29  16:15

投稿者:カエデ

花ママさん

バイモもステキな花を咲かせますよね。

バイモの近くに、裏磐梯で話題を提供しちゃったスズランがあったのですが、それらしき根は転がされて残っていましたw。

冬場に入り、イノシシも食べ物が少なくなっているのかもね。
農家の皆さんもイノシシ被害に抗しきれず、もう畑を作らなくなっちゃったし。

2012/11/29  14:11

投稿者:花ママ

えええええ〜〜っ、イノシシってバイモも食べるんですか!
アルカロイドとか入ってる筈なのに、大丈夫なんですね(驚)。

それにしても、災難でしたね。
ちゃんと生えてくればいいですけれど。
でも、もしダメだったら、うちの職場に植えられてますよ〜。
沢山ありますから、ちょろっと、、、、とか。
ふふふふふ〜(企)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ