ゼニバサイシン  植物

ミチノクサイシンを実際にご存知の方お二人から、「ミチノクサイシンです」とコメントをいただいております。
後々、植物名を訂正するかもしれません。

相馬地方ではリストアップされていないかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそも相馬地方ではウマノスズクサ科は少なく、トウゴクサイシンくらいじゃないでしょうか。

トウゴクサイシンは、以前はウスバサイシンと呼ばれていたあれですw。

最初はミチノクサイシン?と思いましたが、低山ではあるし、斑入りではないしで、一応ですが、ゼニバサイシンと見当をつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

斑入りのソノウサイシンは以前に見たことがあるので、葉の印象からして違います。

霜に当たりそうな所のせいか、葉裏は赤く、けっこうな群生状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

花を確認できればもうちょっとははっきりした見当をつけられると思うのですが。

今日はここまで。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ