ヒガンバナ  植物

他の地域ではどうなのでしょう。

ヒガンバナがもう満開になっていてもおかしくない時期なのに、今年は異常と言っていいほど極端に、その姿がありません。

例年なら、もう終わりに近い時期ですが、今年は春先から花が10日ほど遅れ続きです。
そう考えても、やはり遅すぎです。
今年はもう咲かないのかもしれません。

花茎すら立てていないのですから、ヒガンバナに何かとんでもないことが起きて、あるいは一斉に消滅したとも考えられます。

下の写真は昨年までの私の実家まえの光景です。
道路の両端に延々2.5km も続いていたヒガンバナロードです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

それが、今年はたった1本しか花がありません。

近くの小泉川の土手もヒガンバナの大きな群落が数か所ありましたが、それも今年はありません。

最初、津波をかぶった塩害かと考えましたが、昨年は咲き、春先まで青々とした葉もしげっておりました。

津波をかぶらなかった地点を歩いてみましたが、やはりそちらにも1輪の花もなく、塩害ではないと確信しました。

不思議です。

相馬道の駅近くの立谷川あたりにはほんの2群のみ。

それもわびしいさびしい群落です。
下の2枚の写真がそれです。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、ニュースでもヒガンバナ満開は見ていません。

クリックすると元のサイズで表示します

日照りのせいか、放射能のせいか、あるいは竹のように何十年に一度くらいのわりで、ヒガンバナも一斉に死を迎えるのでしょうか。

皆さんのところのヒガンバナはどうでしょうか。



2012/9/29  19:31

投稿者:カエデ

モコ姐さん

そちらのヒガンバナは通常どおりとのこと。
こちらでは今日も自宅近くの川土手など歩いてまいりましたが、これまで咲いていた地点はいづれもありませんでした。

単に遅れているだけなのかもしれませんが・・・

ナツハゼはツツジ科スノキ属で、ハゼはウルシ科ウルシ属です。
ヤマウルシはご存知かと思いますが、敏感な方はハゼでもかぶれることがありますので、注意が必要ですよ。

ハゼは真っ赤に紅葉します。ナツハゼは秋の紅葉以前でも、春も夏も葉先などわずかに紅葉しているような木なので、ハゼにたとえたのだと思いますw。

2012/9/28  22:35

投稿者:モコ姐

彼岸花はこちらでは、日高市というところにある
「巾着田」というところが有名ですが、いま5分咲き位。
28日の写真でみるとそろそろ見ごろになっています。
そちらはもう少しなのかもしれませんね。

質問ですが
「小さい秋見つけた」の歌にでてくる
「はぜの葉 赤くて 入り日色」
の 「はぜ」は 前日の写真にでていた ナツハゼのことなの
でしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ