山津見神社復元オオカミ天井絵展  文化

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、これはカラスウリが構図を引き立てています。

果実が赤くなり、枝に葉がないことから初冬の光景でしょう。
カラスウリは福島県では浜通りに見られ、霊山あたりからはキカラスウリになります。

私の知る限りでは、カラスウリは宮城県南部の山元町が北限です。
伏見東洲は現在の相馬市生まれですから、きっと見ていたのですね。

中村城址の本丸前の崖には現在もカラスウリが生育し、12月頃になるとこの絵と似たような風景が見られます。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ