破傷風  

羽生結弦さんが全治2か月のケガとか。

25日に私も左手親指の腹を包丁で切ってしまい、昨日、外科治療を受けてきました。

タケノコの皮をむこうとして。。。

タケノコの皮をむく際は、タケノコを逆さまにして根本の方から包丁を入れます。

なぜかというと、タケノコは穂先の方の皮の重なり枚数が多く、力が入ります。
根元は1枚2枚程度の皮なので、途中から包丁が走ってしまうからです。

それにタケノコが動かないよう押さえる時も、細い穂先よりも太い根元を押さえる形になるため、タケノコを立てて頭から包丁を入れると、包丁の先に手を置く形になってしまうからです。

経験からそのことは分かっていたのですが、タケノコを逆さまにしないで包丁を入れてしまいました。

病院では破傷風のワクチンを勧められ、受けてきました。

ワクチンの効果が出るのは2週間後くらいからで、1か月おきに3回受けねばならないそうです。
ワクチンの有効期間は5年。
その後もう一回追加ワクチンを受けると10年間有効ということです。

フィールドでノイバラのトゲに引っ掻かれたりもありますし、古い家の片づけや庭木の剪定などで小さなケガは絶えません。

破傷風の恐ろしさは知っているものの、ワクチン接種をこれまでよくまあ延期延期で来たものです。

高齢者はころんだり、すりむいたりもありますし、今回の地震や交通事故などのように、思いがけない事故に出遭うこともあります。

みなさん、破傷風ワクチンをぜひ受けてください。

破傷風菌はどこにでもいるし、破傷風菌の出す毒素は本当におそろしいものです。

一応、抗菌治療は続けていますが、私も潜伏期間が終了するまでは覚悟して生活することになります。

今朝までのところは大丈夫のようです。
今日も病院です。

ケガに至る次第は「続きを書く」に置いておきます。



まず、タケノコの頭を先に2回ばかりはねました。
タケノコの姿はまだ出てきません。

もう皮をむいた方が早いな・・・

包丁を入れる時に、逆さにしなくちゃと思ったのですが、ふと、「気をつければ大丈夫」と思ってしまいました。

手を抜いてしまったのですね・・・反省どころか後悔しきりです。

タケノコの皮の重なりが多い方から包丁を入れ、中ほどまで下った途端、あっというまに根元まで包丁が走ってしまいました。

根元を押さえていた左手は包丁が下ってゆく先にありましたから、親指の腹をそぎ落とすほどに切っていました。

すごい出血で、水道の蛇口が目の前にあるというのに、傷口を洗うにも洗えません。

やむなく人差し指で傷口を押さえ、流れ出た血だけを洗って絆創膏で押さえました。

病院にと思いましたが、すでに18時。

傷口を洗わないことが気になりましたが、病院はやはり明日にと・・・

病院では、「そういう時こそ救急でしょ」と言われました。

傷口を洗えないような時こそ、救急ということです。

破傷風菌にすでに感染している可能性もあるが、まずは傷口を洗いましょう。
縫合は爪が邪魔しているので、一針しか縫えません。

抗生物質、痛み止め、胃薬の3種を処方されました。

自分の不注意、ケガへの対処の判断の誤りに、我ながら気分が沈むくらいガッカリです。



2016/4/28  9:51

投稿者:カエデ

雀さん

おはようございます。
バカなことやっちゃいました。
包丁や刃物に対する自信過剰が大ケガの原因です。
今朝の段階ではまだ大丈夫。
3日目くらいまでに発症すると、もし治っても予後が悪いそうです。
後遺症が残るということですね、多分。
息を吹き返した破傷風菌の活性化が猛烈で、吐き出す毒性分も大量ということなのでしょう。
破傷風菌は嫌気性で、普段は休眠中のクマムシみたいですが、適した環境に移動すると菌として息を吹き返すそうです。
クマムシにびっくりしていましたが、クマムシのような生き物っていっぱいいそうですね。
破傷風ワクチンは肩に打ちました。
小さな注射器でしたがちょっと痛い。
でも、菌に感染するよりはずっといいわけで。
ワクチン接種後は感染の心配はないそうですよ。

2016/4/28  9:24

投稿者:雀(から)

破傷風ワクチンのこと初めて知りました。
どうぞお大事になさってくださいね(*´-`)

2016/4/27  22:20

投稿者:カエデ

やまがっこうさん

ありがとうございます。
多分、痛み止め効果で、まったく痛くないんです。
まったく痛みなしでびっくりしています。
やまがっこうさんはワクチン接種ずみなのですね。
もしかしたらもう一回接種で10年効果続行かもしれませんね。
けっこうケガやササクレはありますから、大事なワクチンですよね。
リルケはバラのトゲから感染したとなっていますものね。
最近、注意力が衰えているような気がして、ため息です。

2016/4/27  22:05

投稿者:カエデ

ohtomo さん

ありがとうございます。
傷は深いといっても、指先のことですから、包帯をはずせばほんのちょっとで、とても救急で煩わせられない感じですw。
この後、化膿さえしなければ大丈夫なんですが。
化膿したら切開して再度洗浄しなおしということでした。
木戸川のカヤランは高いところにあるので、葉が出始めると撮影はむずかしいです。
そろそろ開花ですね。
さがしておきますね。

2016/4/27  21:49

投稿者:やまがっこう

痛そうです〜

どうか、お大事になさってくださいね。

破傷風ワクチン接種は大事です。
僕も、発掘の仕事でしたから、現役の時に接種いたしました。

くれぐれも、ご無理なさらないでくださいませ。

2016/4/27  20:25

投稿者:ohtomo

ケガをなされたそうで大変でしたね
一日も早く回復することを祈ってます

今年は季節の進みが早いので、待望のカヤランも黄色の蕾も膨らんでることでしょう
どこか、労せずして見学、撮影出来るとこないでしょうか(^_^;)
木戸川渓谷へ行っても、短時間で見つけることが出来るでしょうか?
今年は連休には開花が見られるかもしれません

2016/4/27  19:50

投稿者:カエデ

maya さん

ありがとうございます。
直後はびっくりで、出血を止めることで精一杯でしたw。
傷口を洗うと出血が大変なことになりそうで止めちゃったんですよね。
でも、まずは洗浄が何より優先ですって。
mayaさんも土をいじりますから気をつけてくださいね。
痛み止めのお蔭で、痛みは全然感じないのです。
これにはびっくりですよ。
花の季節が始まりましたね。
みんなでどこかに遊びに行かなくちゃね。

2016/4/27  19:39

投稿者:カエデ

aoikesi さん

ありがとうございます。
文章にすると長くなりますが、一瞬の心の動きがあったのを自覚しています。
馴れているし、知っているから大丈夫と思ってしまったのです。
自分が包丁でケガするなんてことは、絶対ありえないと思っていましたからw。
今日の病院はお昼頃に終わったので、柴田町と村田町の資料館ついでに、薄木に寄ってきました。
船岡公園にも寄りました。
柴田町には飯舘村のオオカミ絵と同じ描き手の絵馬が1枚残っているのです。
5月からの企画展にもお借りするのですが、待っていられないから見に行ってきました。
二階の隅のほうに展示してありました。

破傷風菌毒は怖いですから、ぜひ接種なさってください。
接種していると絶対破傷風にはならないそうですよ。
私も今日までのところは大丈夫そうということですが、もしも腫れが出て来たら救急ですぐに来てくださいと言われました。

2016/4/27  19:23

投稿者:カエデ

アライグマさん

ありがとうございます。
ケガの夜は早寝しましたw。
眠っている間は痛みを感じないと考えてw。
朝になったらだんだん痛くなってきましたが、受診して麻酔を打ったらまたたくまに痛みが消えました。
麻酔が切れ始めた1時間半後には痛み止めを使い、驚くことに全く痛みを感じません。
今日までのところはまずまず大丈夫そう。
ありがとうございました。

2016/4/27  18:26

投稿者:maya

まぁ 痛かったでしょう(+o+)聞いただけで疼きます
何をするにも不自由ですよね どうぞお大事に
破傷風ワクチンのこと有難うございます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ