ハヤブサ  

昨日は久々にハヤブサに出遭いました。

しかし、しかし、遠すぎて遠すぎて、こんなふうにしか撮れませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

道路から60mくらいはなれた大杉の上のほうの枝にとまっています。

日は当たっていません。

クリックすると元のサイズで表示します

距離測定器具はホームセンター(コメリ)では、ボッシュの15mまで測定可の商品しかありませんでした。

ネット検索では200mくらいまで(1kmまで可能のものもあった)出ていました。

だいたい5〜6万円なので、鳥までの距離を知るための費用として妥当かどうか。

ちょっともったいないかな、私の場合。
もっと有効活用できるw金額ですね。

ピタゴラス可と書いてあるのもありました。
これって、もしかしたら樹高を出すなどの時に使える機能なのかもしれませんね。



2016/1/28  21:38

投稿者:カエデ

あねさま

ハヤブサは以前に見かけた個体とは別のように感じました。
こちらは復興工事で野生の生き物はかなり食糧不足に陥っていると思います。
大地をいじりすぎです。
植生の調査で樹高も必要な場面がありますが、樹高の場合はだいたいわかります。
でも工具もそうですが、いろいろな器具,器械って見ていて飽きないですねw。

2016/1/28  21:30

投稿者:カエデ

松むしりさん

私にとっては、空抜けの撮影もまたむずかしいですよw。
昨日もいろいろ試してみましたが、結局20分くらいであきらめましたw。

2016/1/28  20:55

投稿者:あね

ハヤブサがいるところは豊かな自然がまだあるところ。
いいですねぇ。
測定器? カエデさんだったら樹高の測定など
いくらでも有効活用が出来そう。

2016/1/28  16:43

投稿者:松むしり

カエデさん、今晩は。
 日が当たらないところでは、敢えて1枚目の画のように空抜けにした方が良いとおもいます。
 近ければ、別の話ですが……

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ