アワコガネギク  植物

今日もおだやかでいい天気になるという予報です。
今日は芋煮会。

8時半から野菜などの下ごしらえが始まるので、手伝いに行きます。
11時半ころには食べられるかなと思いますが、午後は相馬なので、食べている時間があるかどうかですw。


クリックすると元のサイズで表示します

アワコガネギク。牧野富太郎の命名だそうです。
京都府菊谷で見つかったことから、キクタニギクという別名とほぼ半々で呼ばれていると思います。

生育は岩手県あたりからの太平洋側。

クリックすると元のサイズで表示します

南相馬市では横川ダム周辺や国見山の新しい道沿いで見られます。

相馬市では国道113号線を丸森町の方に抜ける峠付近に群生しています。

残念ながら、南相馬市、相馬市ともに、このアワコガネギクは外来種です。

ダム工事や、道路の法面工事の際、緑化工事として吹きつけられた中国、韓国由来の種子が定着してしまったものです。

相馬市の峠付近は近くに砕石会社があり、いつも埃をかぶって気の毒な環境です。
震災後は山の切り崩しがさらに急がれているので、窓を開けては通れないほどの埃です。

クリックすると元のサイズで表示します

南相馬市の横川ダムのアワコガネギクは反対に、放射線量が高く、先が通行止めになっているので埃と無縁でいるようですw。

そういえば、以前、重陽の節句や仲秋に盃に1コ浮かべて遊んでいました。
アワコガネギクは香りがとても高いのです。

小さな盃に浮かんだアワコガネギクは、小さいながらもヒマワリか太陽みたいに明るかったですね。






2014/10/27  21:16

投稿者:カエデ

花ママさん

こんばんわ
いろいろお世話様でした。
アワコガネギクは香りがいいですね。

こちらのアワコガネギクも帰化種ではありますが、私も大好きです。
お酒に浮かべて呑むと楽しいですよ〜。
京都のキクも見に行きたいですね。

2014/10/27  12:27

投稿者:花ママ

カエデさん、
アワコガネギクは浜通りにしか帰化していないのかと思っていました
が、土曜日にちょっとうろうろしたら市内と三春でたんまり見つけて
しまいました(驚)。
やっぱり、ちゃんと中通りにも入っていたんですね。
とりあえず標本にしましたが、本当に良い香り〜♪
帰化植物じゃなかったらもっと楽しめるんですけどね〜(苦笑)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ