イチョウウキゴケ  植物

環境省、福島県ともに絶滅危惧T類のウキゴケです。

いた、いた、いた。こんな所に。こんにちわ〜。

イチョウウキゴケに出会うとそんな気持ちになりますw。

クリックすると元のサイズで表示します

除草剤を使わないか、あるいは弱めの除草剤を回数少なく使っているような水田で見られます。

見られるというより、残っていると言ったほうがいいかな。

クリックすると元のサイズで表示します

葉が大きくなると真ん中から分裂して、殖えていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

最初はこんなふうに円陣を作っています。

この状態ではハタケゴケと間違いそうですが、ハタケゴケは畑や庭の湿っぽいところにいることが多いようですね。

今年の調査種の一つですが、標本採集を忘れて帰ってきてしまいましたw。






2014/8/28  20:03

投稿者:カエデ

空さん

ちょっと早かったです。
来週あたりになればイチョウの葉の形に見えるでしょう。
やっぱりウロウロ歩きまわっているのがいいのかも。
雨続きをいいことに、デスクワークの日々になっていましたからね。

また、雨の日でもなければ資料の整理なんかできないんですけれど。
いろいろありがとうございました。

2014/8/28  19:58

投稿者:カエデ

aoikesi さん

この水田にはいっぱい出ていました。
と言っても、水田の中までは入っていないのですが。
畦を歩いただけです。
来週あたりはイチョウっぽくなっているかもです。

2014/8/28  18:09

投稿者:空

銀杏に形状が似ているところからの命名ですか?

http://blog.goo.ne.jp/vegastar/0

2014/8/28  14:28

投稿者:aoikesi

水田の植物もいろいろありますね。
イチョウウキゴケはお初です。


http://zaonofumoto.blog107.fc2.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ