ミズアオイ  植物

雨の朝です。
肌寒いせいか、なんとなく夏の終わりを告げる雨の感じです。


ミズアオイがようやく開花です。
開花が遅かったし、今年は花数も驚くほど少ない。

津波の跡によみがえったミズアオイ群落は、今年はほぼ消滅しました。

復旧工事が進んでいること。
津波跡地が広大な草原になったため、除草剤を散布してガレキを拾ったり、工事を進めねばならなかったことの結果です。

クリックすると元のサイズで表示します

ミズアオイは一年草です。

しかし、津波の後のミズアオイ復活で、花の前後の様子を見る機会に恵まれ、もしかしたら一年草とは言い切れないのではないかと考えるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は3枚とも昨日の様子ですが、この形は一昨年の様子とそっくりです。
花を咲かせない小さな株がたくさんあります。

葉をかき分けると、つぼみ状態の花茎を下向きにつけている株もたまにあります。
しかし一年草ですから、花を咲かせることなく枯れてしまえば、翌年は発芽がないわけです。

ところが翌年(昨年)はこれらの貧弱な株で終わった水路が、立派な悠々とした大きな葉を立てました。

水中でコナギのような感じで生きていて、花を咲かせずに消滅したはずの地点でも、翌年は水路をびっしりと埋めつくし、大きく、青々とした花をつけたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は休耕した水田にミズアオイが復活したところがあります。
水田をびっしり埋めつくしていますが、今のところ花は咲かせていません。

つぼみをつけた花茎を下向きにしている株はたまにありますが、この後もしも花をつけても、種子の数は水田を埋め尽くすほどではありません。

背丈は低く、葉も小さく、コナギじゃなかろうかとさえ見えます。

この水田がもしも来年、青い花に埋めつくされたら、ミズアオイの「一年草」の部分は研究の余地があります。

大型の株を作るミズアオイですから、やはり栄養を蓄える期間が必要なのかもしれません。



2014/8/26  12:34

投稿者:カエデ

aoikesi さん

そちらはもう寒いくらいじゃないでしょうか。
あっというまに真夏は行ってしまいましたね。

ミズアオイ、美しい花です。
しかし今年は花つきが悪い。
つぼみの数も1株に数個ていど。

津波跡地のミズアオイはほぼ姿を消しましたが、津波以前からの生育地にはちゃんと残っていました。
不思議なことですが、おそらく除草剤に耐性を持っていたがゆえの現象かと思います。

2014/8/26  10:55

投稿者:aoikesi

宮城でも去年はミズアオイが復活したようです。
今年の情報はまだ入っていません。
20年前あたりまでは田んぼを紫色に染めている様子が見られました。
大体は造成されて消滅していました。
考えてみると、ミズアオイが見られた場所は津波の被害に遭った場所だ
ったような気がします。

http://zaonofumoto.blog107.fc2.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ