小菊  植物

曇り。

一昨夕、水につかってしまった車をディーラーへ搬送してもらいました。

動くことは動きますが、一応、点検してもらわないと何が起こるか分からないので、遠出はできないし、高速道にも乗れません。

最近の車はコンピューターで動いているので、水には弱いですからね。

昨夕電話が入り、今は走れますが、安全は保証できないということです。

安全だなんて絶対言えませんよね。

考えてみましたが、やはり安全でない車に乗るのは止めにしました。

先日、高速道路上に二人の歩行者があり、その後、事故が起きました。

どうして高速道を歩いていたか。。。

車はハザードランプを点灯させて停車してあったそうで、想像するに、エンジンが止まってしまい、やむなく歩きはじめていたのではないですかね。

車の場合、電気系統のトラブルがあると、突然エンジンがストップしてしまうということです。

近場は軽トラックで十分ですし、遠出の時はレンタカーを利用することにして、今日廃車手続きをしてきます。

前置きが長くなりましたが、この時期、目にも美しい小菊写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

南相馬市で見かけた小菊です。

すぐ近くは過日の豪雨で水没しているのを見ましたが、この小菊の地点は泥をかぶらなかったようです。



タゲリ  

昨日は午前午後と遺跡説明会に参加。

正午をはさんで2時間近く時間が空くので、新田川の鮭状況〜スーパーで昼食を準備〜ヨシガモ飛来地〜ハクチョウ飛来地〜ハクチョウ・タゲリ・タシギ・マガンなどの飛来地〜午後の遺跡説明会場。

ふり返れば、ちょっとの時間に盛りだくさんw。

新田川の鮭漁も今年は不漁で、昨日は♂だけ7匹しか獲れなかったと言っていました。

台風や豪雨の間に溯上してしまったのかと聞いてみたところ、そもそも鮭が戻っていないのだそうです。どういうわけでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タゲリは少しは期待していましたが、何しろタゲリが来ていたあたりは見渡す限りのソーラーパネルになってしまったので、ちょっと気がかりでした。

飛来地点は以前より北側に移動していましたが、以前にも見かけていたことがある所です。

数十羽でした。

環境が激変しているので、このままいついてくれるかどうかですが・・・

昨日は雲があったので写真は証拠程度です。

タゲリはやはり陽光の下でないと虹色が出ません。

遺跡説明会終了後の15時半過ぎに太陽が出てきたので、帰りがけにもう一度寄ってみましたが、今度は横からの陽ざしが強すぎ、コントラストが強すぎてやはり色が出ません。

タゲリは太陽のある日の昼前後4時間くらいが一番きれいに撮れそうです。

15時半頃はまだ太陽は西に傾き始めた時刻ですが、タゲリたちはもう眠りに入り始めあまり動きが見られなくなっていました。

毎日の事なのかどうか、あるいは昨日は到着したばかりで疲れていたのか、何度か通わないと生活リズムがつかめません。





モズ  

BIRDER 12 が届きました。

知人の鳥のお師匠さん、中村咲子さんが表紙を飾っています。

クリックすると元のサイズで表示します

「なんの鳥が一番好き?」と聞かれたことがあり、その時は答えられませんでした。

あまり好き嫌いはないし、種類にかかわらず興味しんしんですから、答えに迷ってしまいましてw。

でも、モズはもしかしたら一番親近感を覚える鳥かもしれません。

表情が好きなのかな。色もすてきですしね。

作業をしていると、すぐ近くにまで寄ってくるのもおもしろいし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年は春先に撮って以来、見かけてはいるものの撮っていないので、そろそろチャンスに出会いたいな。









ジュウガツザクラ  植物

雪ダルママークが並びはじめたと思ったら、もう猛吹雪のニュースです。

寒くなってくるのですね。

こんな時期ですがあちらこちらで桜の花の咲いているのを見かけます。

この時期の桜は見かける回数が毎年増えているような気がします。

昨夕、せっかくなので1か所だけ立ち寄ってきました。

花数はそれは春にくらべたら少ないですが、桜は桜、近くで見るとやはりその美しさを再認識します。

きれいですねえ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

散歩の途中で寄る人たちもいらして、ひっそり咲いているわけでもなさそうでした。

シキザクラでしょうとか、フユザクラじゃないのとか、カンザクラだよとか、いろいろ聞こえてきて、それなりにサクラの種類も気にかけているような感じです。

紅葉のこの時期の八重桜で雌蕊が1本なので、ジュウガツザクラと見ました。

しかし、同じ木に咲いている桜でも雌蕊が2本のものもたまにあり、雌蕊がない花もけっこうありました。

雌蕊があるのはサクランボもきっとつくのでしょうね。

ジュウガツザクラはエドヒガンとマメザクラの交雑種であるコヒガンザクラが元になっています。

一応、ガク片も確認してみると、エドヒガン系のサクラであることが分かります。

ぜひ花の裏側もご覧ください。




イノシシ  動物

久しぶりでイノシシの群れに出遭いました。

親と思われる大きな立派なイノシシが2頭。

すでに大人と思われる大きなイノシシが数頭。

ウリ坊よりは大きくなっている子供イノシシが6頭づつ2組。

2ファミリーかと感じました。

12頭くらいだったかと思いましたが、こうして数えると20頭ちかくだったような気がします。

ま、たくさんいたということです。

もう暗くなりかけでしたが17時のオルゴールは鳴っていなかったので、一応確認すると16時半過ぎでした。

もう日脚がこんなに短くなっているんですね。

11月も半ばですものね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

iso1000まで上げましたが無理でしたw。

相馬市磯部の中学校付近で出遭い、カメラ設定しているちょっとの間に、イノシシは500mくらい走っちゃって、下の道に出てしまいました。

やはりイノシシに気づいた車が、クラクションを続けて乱暴に鳴らし、あっというまにススキの中に消えました。

どちらにしても撮影は無理でしたが、それにしてもあまりな実力行使にガッカリ。

私が困って立ち往生していると思ったのかな。


赤トンボ  童話

   赤トンボ 
     
あんなに暑い夏だったのに、台風がすぎていったら朝夕がヒンヤリするようになりました。

山の冷たい水が流れるあたりに引っ越していた赤トンボたちはほっとしました。

樹々にはさまれた流れの上や、沼の上は風が通り、とても気持ちよく飛べます。

「ああ、この涼しい風、気持ちがいいね」

「ほんと。お日さまの陽ざしもこのくらいならとっても気持ちがいいね」

クリックすると元のサイズで表示します

魚を釣りにきた人は赤トンボがいっぱいの沼を見てうれしくなりました。

赤トンボたちはお日さまの光をすかしてキラキラ、キラキラ輝いています。

赤トンボが近くを飛ぶと枯れ葉のようなかわいた音がカサッ、コソッと聞こえます。

お日さまが山のすぐ上あたりまで落ちると、沼の半分がかげりました。

赤トンボたちはお日さまの残る明るいところに移りました。

それでも空気はどんどん冷たくなります。

赤トンボたちは沼のふちにめぐらされた鉄の柵につぎつぎに移りました。

鉄の棒でつくられた柵は、もうすっかりさびていましたが、お日さまにぬくめられ、日がしずんでもあたたかいのです。

「ここならほら、まだあたたかいでしょ」

「ほんとだ。ぽかぽかで気持ちがいいね」

「でも、すっかり冷えてしまう前には、どこかにもぐらなくちゃだめだよ」

赤トンボたちはそんなことを言い合いながら、鉄の棒の上でうっとり翅の力をぬきました。

「気持ちよさそうだなあ。あったかいんだろうな」

釣り人がつぶやきました。

朝晩はめっきり寒くなり、トンボたちはまもなくこのまま動かなくなってしまいます。

「このあたたかい眠りのまま夢の続きをおえてほしいな」

あたたかい鉄の棒にいこっている赤トンボを見ながら釣り人は思いました。
      
タグ: 童話 相馬市 福島県

宇多川河口  震災・災害

最近また地震が多くなってきているように感じます。

この上さらに大地震なんて考えただけで嫌ですね。

昨日の冬のサギの朝の様子ですが、羽毛を持っているとはいえ、サギたちも私たちと同じに寒いことには変わりないと思います。

ただ、人間やイヌ、サル、ネズミなどは保温のために体自体をくっつけあいますが、サギの場合は押し競まんじゅうのようなことはせず、一番に朝日が射すあたりに立つのだと思います。

朝日が射す前から、そのあたりに陣取って待つので、冬の朝は集団化しているように見えるのだと思います。

もちろん安全な場所が最優先で、この辺りではさえぎるもののない田んぼの一角がその場所となります。

もうちょっと季節が進むと、橋の上に並んで朝日を待ったり、さらには橋の欄干の上となったりします。

一瞬でも早く朝日にあたためられたい気持ちなのでしょう。

サギの話しがながくなってしまいまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宇多川河口ではこの時期、鮭養殖のための簗場が設置されますが、今年はあきらめたようです。

過日の台風で鉄製の簗が流され、現在も川の中に残されたままになっています。

19号台風のまえにはまだ設置されていなかったような記憶があるので、次の豪雨の前の2週間の間に設置したのかもしれません。

人間側から見ればがっかりの災害ですが、鮭の側から見れば、簗がないのでかなり上流まで遡れるし、上流の支流にも入れるということだと思います。

以前、1回だけ秋の洪水で簗の端っこが壊されたのを見たことがあります。

そういう時は簗をくぐりぬけて上流をめざす鮭が見られます。

そういう幸運がなければ、鮭のDNAの更新はできません。

今年の場合は簗がないわけですから、ダムの手前までという条件はつくものの、鮭は宇多川の上流支流まで走るでしょう。

生まれてくる仔魚は遺伝子の記憶を更新しているに違いないと信じています。



コサギ  

今朝は寒かったですね。

洪水がおいていった稲わらを拾いきれず、小さなバーナーで焼いていたら、突然バラバラバラっという音の雨。

雹かと思うほど大粒の雨でした。

それにちょっと当たっただけなのに寒くて寒くて、、、。

久しぶりに体の芯まで冷えたような気がしましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サギは普通は点在の形でいますが、冬の朝などは固まって過ごしています。

ダイサギもコサギも一緒になってまとまっていることもあります。

昨日あたりからサギが冬型の朝を過ごすようになりました。





AutoPage最新お知らせ