「GMH飛行会」開催模様  F3Aスタント機関係

☆GMH第12回飛行会模様です。
・岐阜模型飛行場RCクラブ(GMH)で令和元年年10月26(土)に開催されました。
 本飛行会は過去2回が天候都合で延期になり、今回が三度目。前日の午前中まで激しい雨で開催が危ぶまれ、滑走路一部にぬかるみがありましたが、離着陸の採点無しで実行しました。
 スポーツマン・クラシックパターン・F3A(70サイズ)の3種目で、ダブルエントリーを含め述べ16名の参加です。
 風が強くなりましたが、全員が無事2Rの飛行を実施。
 昼の休憩後にGMHのY君によるP21の模範飛行が行われました。

▽参加者(ダブルエントリーで述べ16名)
クリックすると元のサイズで表示します
▽大会模様
・ジャッジの横には採点記録員が付きます。
クリックすると元のサイズで表示します
▽駐機場模様
・駐車スペース中央ではコーヒーの提供や情報交換の場。後方が事務局の採点コ−ナー。
クリックすると元のサイズで表示します
・いつものF3A飛行会と異なり大半が70サイズ。
クリックすると元のサイズで表示します
・クラシックパターンの参加機。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽事務局模様
・ディスプレイに表示される採点に集中。
クリックすると元のサイズで表示します
▽P21
・模範飛行を行うY君。
クリックすると元のサイズで表示します
▽入賞者
・スポーツマンクラス:左から準優勝のTさん、優勝のYさん、第三位のIさん。
クリックすると元のサイズで表示します
・クラシッククラス:左から第三位のIさん、優勝のT、準優勝のY君。
クリックすると元のサイズで表示します
・F3A(70サイズ)クラス:左から準優勝のT、優勝のYさん、第三位のIさん。
クリックすると元のサイズで表示します
0

「GMH飛行会」開催模様  F3Aスタント機関係

☆GMH第11回飛行会模様です。
・岐阜模型飛行場RCクラブ(GMH)で令和元年10月14(月)に開催されました。
 台風19号の影響で10月13日(日)を翌日の14日(月)に変更。
 小雨模様で開催、途中雨の中断もありましたが無事終了出来ました。
 昨年からGMHクラブでは「P19」飛行会を継続的に行っています。
 今回が11回目。
 各飛行会で入賞(1位〜3位)の都度▲ハンデが加算され、結果多くの参加者が順に入賞してもらおうという企画です。
 2年毎のルール変更でハンデがクリアされます。
 これは、全国大会を目指すグループと曲技飛行を楽しむグループが互いに支援し合いながら融合して行くことを目的として行ってみました。
 なお、飛行会終了後の意見からP19は入賞者(1位から3位まで)一律5%のハンデ加算でしたが、来年のP21からは、優勝7%・準優勝5%・第三位3%に変更することとなりました。次年度以降も、益々盛り上げて行こうと思います。

▽参加者(17名が2Rを飛行します)
クリックすると元のサイズで表示します
▽大会模様
・ジャッジ横には採点記録員が付きます
クリックすると元のサイズで表示します
・駐機場模様(上流側)
クリックすると元のサイズで表示します
・駐機場模様(下流側)
クリックすると元のサイズで表示します
・フェリークとI選手
 3枚ペラです。
クリックすると元のサイズで表示します
・ASA−CPS(Contra Prop System)Uコントロニックタイプ
 コントロニックモーターの補強を行ったテスト品
クリックすると元のサイズで表示します
・コーヒーコーナー
 飛行会開催時に毎回工夫をこらした企画をしていただくSさん。
 ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
・事務局コーナー
 ディスプレィにはリアルタイムで採点表示
クリックすると元のサイズで表示します
▽入賞者
・ハンデ点の入賞者左から準優勝のAさん、優勝のMさん、第三位のSさん
クリックすると元のサイズで表示します
1

小椋工房での製作模様  F3Aスタント機関係

☆アクセル(オーナー名:グリッター Bip2*4)の製作模様
・塗装が終了です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4

GMH飛行場でのYS大会開催模様  F3Aスタント機関係

☆GMH飛行場でのYS大会開催模様です。
・9月22日(日)に開催されました。
 台風の接近で開催が危ぶまれましたが奇跡的に曇り空で微風。
 大会最終の数名が小雨や風が強くなりましたが問題無く終了。
 その後大会終了を待つように雨が降りだしました。
 午前8時から大会開始、20名が2R(述べ40名)を飛行。閉会式後の入賞者撮影が午後3時と早い時間に終了出来ました。
▽参加者(20名が2Rを飛行)
クリックすると元のサイズで表示します
▽開会式
・挨拶はYSエンジンの山田社長
クリックすると元のサイズで表示します
▽大会模様
・ジャッジ横には採点記録員が付きます
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
・駐機場模様
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
・採点模様をリアルタイムで表示
 表示されるディスプレイを見入る参加者
クリックすると元のサイズで表示します
▽入賞者
・素点の入賞者左から準優勝のYさん、優勝のA君、第三位のY君
クリックすると元のサイズで表示します
・ハンデ点の入賞者左から第三位のOさん、優勝のY君、準優勝のTさん
クリックすると元のサイズで表示します
5

小椋工房での製作模様  F3Aスタント機関係

☆アクセル(オーナー名:グリッター Bip2*4)の製作模様
 生地完成です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

GMH飛行場での検定会開催模様  F3Aスタント機関係

☆GMH飛行場での検定会開催模様です。
・9月7日(土)と8日(日)の2日間で開催されました。
 7日(土)は4〜5mの風がありましたが好天。
 8日(日)は台風の接近で開催が危ぶまれましたが奇跡的な飛行日和。
▽9月7日(土)の参加者(述べ27名)
クリックすると元のサイズで表示します
▽9月8日(日)の参加者(述べ44名)
クリックすると元のサイズで表示します
▽木陰が飛行前の絶好な駐機場になります。
クリックすると元のサイズで表示します
▽奥の木陰は事務局とジャッジ休憩用コーナー
クリックすると元のサイズで表示します
▽かき氷・コーヒー・蒸し焼きチーズコーナーです。
・暑い時季ですので、ほんとありがたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
▽飛行場中央の駐車場は会長・副会長席
・全体の進行管理や安全管理を行います。
クリックすると元のサイズで表示します
▽進入路から上流側
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽進入路から下流側
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽検定会模様
・フェリークで参加のIさんとサポーター
クリックすると元のサイズで表示します
・GMHの若手一軍メンバー
クリックすると元のサイズで表示します
0

「JR/DFA T44 SPECIAL EDITION」  無線装置

☆DMSS 2.4GHz 11ch TRANSMITTER T44
 with CNC Machined Gimbals
「JR/DFA T44 SPECIAL EDITION」は信頼のDMSS2.4GHz11chシステムにCNC切削による最高級のメタルジンバルを搭載。究極の操作性を追求したプロポシステムです。
・今回全面パネルの交換を特別に行ってもらいました。
・レッド仕様です。
・JRXG11については、安定した信頼性の高いシステムですが低価格を維持するため普及版のジンバルが採用されていました。
 現在販売のJR/DFA T44 はJR12Xのジンバルに変更し操作感を向上させてあります。
 さらに今回JR28Xの最高級ジンバルを取り付けたSPECIAL EDITIONの販売により、最上級の高額な送信機以上に操作性を追求しています。
http://tubasakoubou.shop26.makeshop.jp/shopbrand/ct79/
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
・2019世界大会でも使用されています。
▽F3Cの部優勝:伊藤寛規選手(日本)
クリックすると元のサイズで表示します
▽F3Dの部優勝:クリストファー・キャロー選手(オーストラリア)
クリックすると元のサイズで表示します
▽F3Bの部優勝:アンドレアス・ボーレン選手(スイス)
クリックすると元のサイズで表示します
0

日本選手権入賞機(2機種)  F3Aスタント機関係

☆日本選手権6位入賞機及び搭載機器
▽2019日本選手権入賞者。右端が6位入賞(高校1年生)のA君。
クリックすると元のサイズで表示します
▽大会風景
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽ネオステージBP特別仕様機(予選で2R決勝で1Rを使用)
クリックすると元のサイズで表示します
▽スカイエンジェルU特別色機(予選で1R決勝で1Rを使用)
・主翼が4分割になるユニークな機体です。(画像は1号機、日本選は2号機を使用)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽使用二重反転ユニット
・ネオステージBP特別仕様機に搭載
 ・ASA−CPS(Contra Prop System)ライトウエイトタイプ
  ・べベルギアを使用したシンプルな1段減速構造のため軽量です。
  ・樹脂ギアを使用することでメンテナンスフリーとなっています。
  ・モーターを下部に配置することで十分な冷却ができます。
  ・ギア部分をカバーすることでギア音を減少させ、また、異物の噛み込みを防ぐようになっています。
  ・重量:605g(リアマウントを含む)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽使用無線機
・「JR/DFA T44 SPECIAL EDITION」(スカイエンジェルUに使用)
クリックすると元のサイズで表示します
・最高級のメタルジンバルを搭載。究極の操作性を追求したプロポシステム。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
・ネオステージBP特別仕様機に使用品は、全面パネルをメタリックブルーグリーンに交換しています。
クリックすると元のサイズで表示します
▽使用受信機
・ネオステージBP特別仕様機
 ・JR/DFA(RCDEPOT)製 DMSS方式 2.4GHz 8ch受信機 RG812BPX
  電源コネクターはディーンズコネクターに交換
クリックすると元のサイズで表示します
 ・JR/DFA製 エクストラレシーバーDFA RA03TL
  受信機に接続すればフルレンジレシーバーを2台搭載していることになり、
  容易に受信性能を向上
クリックすると元のサイズで表示します
 ・縦に2本、横に1本、高さに1本で合計4本のダイバーシティアンテナです。
クリックすると元のサイズで表示します
・スカイエンジェルU特別色機
 Wレシーバー仕様
 ・JR/DFA(RCDEPOT)製 DMSS 2.4GHz専用 XBus対応 6ch受信機 RG613BX
  (PWM出力1〜6ch)
クリックすると元のサイズで表示します
 ・JR/DFA製 DMSS 2.4GHz専用 6chWレシーバー用受信機 RG613BX-B
   (PWM出力7ch〜12chテレメトリーレス)
クリックすると元のサイズで表示します 
▽使用サーボ
・エルロン、エレベーター(スカイエンジェルU)にJR/DFA 製S3411COMPETITION
 ・トルク:6.6kg-cm@7.4V
  スピード:0.16sec/60°@7.4V
  重量:32g
  メタルアッパーケース
クリックすると元のサイズで表示します
・ラダーにJR/DFA 製S8411COMPETITION
 ・ストールトルク:26.5kgf・cm@8.4V
  スピード:0.12sec/60°@8.4V
  重量:68g
  メタルアッパーケース
クリックすると元のサイズで表示します
☆使用機器はショップからご注文いただけます。
http://tubasakoubou.shop26.makeshop.jp/
1

ネオステージBP特別仕様機  F3Aスタント機関係

☆2019日本選手権で6位入賞機です。
・つばさ工房の小椋光長が卓越した工作技術で製作した特別仕様機です。
 秀でた工作精度と各部の補強、改造及びグラデーションを多用した仕上げです。
▽今回6位入賞のA君(高校1年生)GMH飛行場で撮影
クリックすると元のサイズで表示します
▽GMH飛行場にて
クリックすると元のサイズで表示します
▽小椋工房にて
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
☆小椋光長が同様に製作したADVANTAGE-BIPです。
▽来年は同様舞台を目指すY君(大学1年生)GMH飛行場で撮影
クリックすると元のサイズで表示します
▽小椋工房にて
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

「EXCELLENTsupuremo」エンジン機仕様  F3Aスタント機関係

☆「EXCELLENTsupuremo」エンジン機仕様です。
・本日小椋工房に引取りに行った際の撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4

JR28Xを設定中  F3Aスタント機関係

☆「EXCELLENTsupuremo」エンジン機仕様用です。
・機体製作が終了しいよいよ飛行準備です。
 現在JR28Xは生産停止中ですが、使い慣れてきますと非常に良く出来ていることが実感され再販売に期待しています。
 各種設定を行うためのプログラムメニューは解りやすいデザインのアイコンで表示され検索も容易で、後はタッチパネルで次々と設定して行くだけです。
▽電動機で使用しているJR28Xと今回エンジン機に使用するJR28X
・SDカードで電動機のデータを写しています。
 クリックすると元のサイズで表示します
▽トップ画面
・表示の画面の他左右に各1画面があり、各種設定用アイコンを自由にレイアウト出来ます。
・画面の壁紙も変更してみました。
・右端の縦に並ぶアイコンは画面を変更してもそのまま固定される領域で基本設定部分や頻繁に利用する設定のアイコンを4個登録出来ます。
・トップ画面内も自由にレイアウト出来ます。
・私の場合は上段にタイマーとフライトモード名、中段に機体調整用のアイコンとログボタン、下段左にはトリム位置表示と右は受信機電圧表示としてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
▽右端アイコン(上から順に)
・サーボモニター
クリックすると元のサイズで表示します
・サブトリム
クリックすると元のサイズで表示します
・フェールセーフ
クリックすると元のサイズで表示します
・レンジチェック(距離テスト)
クリックすると元のサイズで表示します
▽トップ画面中断アイコン(左から順に)
・デュアルレート&エクスポネンシャル
クリックすると元のサイズで表示します
・プログラムミキシング
クリックすると元のサイズで表示します
・スナップロール
クリックすると元のサイズで表示します
・テレメトリーログスイッチボタン
 私の場合受信機用電圧のログを残しています。
 以下にそのログ
 ▽表示時間帯及びその間の電圧変化、最大(8.1V) 最少(7.7V)
クリックすると元のサイズで表示します
 ▽表示時間帯を狭くした画面
クリックすると元のサイズで表示します
0

JR/DFA T44 SPECIAL EDITION  F3Aスタント機関係

☆JR/DFA T44 SPECIAL EDITION他
・アメリカではJRプロポの人気があるようです。
 JRXG11は、信頼のDMSS2.4GHz11chシステムにCNC切削による最高級のメタルジンバルを搭載。
 究極の操作性を追求したプロポシステムです。
・大型のガソリン機、ジェット機、パイロン機に多く使用されているようです。
 また、現在生産が停止されているJR28Xもジェット機に多く使用されているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

GMH飛行場にて  F3Aスタント機関係

☆「EXCELLENTsupuremo」(塗装デザインタイプT)(電動機仕様)のエルロンサーボを変更しました。本日テスト飛行を行いました。
・JRのMP91TMKUを使用していましたが、生産終了のため代替にSANWA製 SRG-LSを搭載しました。
・JR製薄型サーボMP91Tと同一寸法です。
 サーボの回転方向、サーボホーン、ニュートラル、パルス幅がJRと同じです。
・7.4V→0.08sec/60° 12.8kg/p
・6.0V→0.10sec/60° 10.1kg/p
・40.5×21.0×26.5 o
・重量47g
・スーパーレスポンス
・Li-Po 2セル対応
・ハイスピードタイプ
・ブラシレスモーター採用
・フルメタルギヤ仕様(強化タイプ)
・アルミヒートシンク装備
もとはSANWAから分離したJRですから基本は同じでサーボは当時から一級品です。
いい感じです。
ただし定価が税抜で2万円(値引も僅かですね)
http://tubasakoubou.shop26.makeshop.jp/shopdetail/000000002037/ct140/page1/order/
今更に進化した後継サーボが出ており次回使用します。ただし定価が税抜で2万6千円と高価。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
☆「EXCELLENTsupuremo」(塗装デザインタイプT)(電動機仕様)を撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019年度中部日本インドア曲技大会模様  F3Aスタント機関係

☆中部日本インドア曲技飛行機大会に参加してきました。
・7月14日(日)に岐阜県羽島市民会館で開催されました。
・延べ24名(初級3名、中級5名、上級8名、F3P級8名)の参加です。
 各クラス共2R行い良い点で順位を決定します。
・全国的にも曲技形式で行われる大会は本地区だけだと思います。
▽大会前日の練習風景です。
 ほぼ全員が参加されました。
クリックすると元のサイズで表示します
▽大会当日です。
 大会開催前にトリム調整を兼ねた練習飛行が行われます。
クリックすると元のサイズで表示します
▽全体での集合写真。
クリックすると元のサイズで表示します
▽演技中の模様です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽事務局での採点集計模様です。
クリックすると元のサイズで表示します
▽室内機運搬用の箱です。
 持運び中の損傷防止用に必需品です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▽三重県伊勢から参加の皆さん
 毎年レベルアップされての参加です。
クリックすると元のサイズで表示します
■大会終了後に参加者の皆さんと今後の方向について打合せがありました。
・今後も開催を継続してほしい。
 本大会があるからモチベーションが継続しレベルアップしてきている。
 年2回開催が望ましい。@6月下旬から7月上旬及びA11月下旬から12月上旬
・アウトドア派も手軽に参加出来るよう工夫すると良い。
 初、中級は現在連盟のルールだが無線航空会のナービス、スポーツマンの方が良い。
 初、中級は市販機でも参加し同等に競えるよう機体重量100g以上にする。
 ジャッジの負担軽減から初、中級はF3P参加選手が行う。
以上のような意見がありました。
また、本年ベルギーで開催の世界大会に参加された3名の方も選手として参加されていました。
1

小椋工房での製作模様  F3Aスタント機関係

☆エンジン用オリジナル機の製作模様です。
・冷却を考慮した抜けを多く設けています。
・キャノピーは強度と軽量化のためカーボン仕様としています。
・原型は実績のあるエクセレント&フェリークの最終版「EXCELLENTsupuremo」です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ