2009/12/9

奈良県議会12月定例会 一般質問  奈良県議会

クリックすると元のサイズで表示します
12月の定例会での一般質問を行いました。

12月8日(火)




簡単ではございますが、質問内容を掲載させて頂きます。

なお、詳しい模様は下記で録画をご覧いただく事が

出来ますのでご覧頂けましたら幸いです。




奈良県議会インターネット中継

http://www.gikaitv.net/dvl-naraken/2.html











質問の内容



◆学研高山第二工区開発の見直しの検討状況について




次のステップである事業認可に向けた調査に着手するか

どうかの判断を行うため、県、生駒市、(独)都市再生機構の

3者で協議を行っていると聞いていますが、

現時点での検討状況について質問をしました。




■高山第二工区は、本事業の最大の地権者であるURの昨年の

事業の中止決定で、新しいまちづくりが頓挫したが、荒井知事の

大学や研究型企業の誘致の計画見直し案を受けて

三者協議が始まり、事業の認可に向けて調査に着手するかを

話し合いを続けている

奈良県が主体となって進める土地区画整理事業で、

三者がそれぞれ意義やまちづくりの役割分担の合意形成を

図っている。保留地の処分には不均衡は生じた場合などの

負担の割合の調整などを最終的に詰めている段階。

全体的な取りまとめは、年明け以降になるとのご説明でした。





◆企業立地の状況について



(1)依然として厳しい経済情勢が続く中、全国的に

企業立地は苦戦していると聞いていますが、奈良県の

状況はどうなのか。また、企業立地によってどのような効果が

あったとお考えなのかを質問します。



(2)行政がいくら努力しても企業が県外に転出してしまう

事があるということは承知をしているが、県として把握している

範囲で、企業が県外に転出する要因などのような

ものであったのかを質問します。



奈良県内の大きな企業が県外流出している中、

県としては代替えち等をご紹介をしているが、

条件に合わず流失している状況です。

月に一度の意見交換会などを行っています。



それを受けて、融資を含めて各市町村と

奈良県の連携が大事ではないか?税金を納めて頂く

企業にきめ細かい対応をしていたたい。

市町村と奈良県を連携を要望しました。





◆奈良の食の魅力づくりについて



今年度開催されたフードフェスティバルの成果を生かし、

来年もこうした取組みを実施されるとともに、

奈良の食の魅力づくりに向けた取組みをさらに

充実するべきと考えていますが、ご所見をお伺いします。




11月に行われたフードフェスティバルは

予想を大幅に超える人出となり、

春と秋に開催を検討しています。







◆「(仮)奈良県自転車利用促進計画」の策定状況について



県内の自転車道の現状は、3つの大規模自転車道からなる

南北軸のみであり、PR不足もあいまってその利用者も

少ないのではないか。今後の自転車の利用促進に向け、

「(仮)奈良県自転車利用促進計画」を策定する上で、

ハード・ソフトの両面からどのように取り組んでいくのかを

質問させて頂きます。




■奈良県内には南北縦断の自転車の道路は3本あるが

東西の自転車道は未整備なために現在では

自転車を利用した周遊などの環境は

整っていない。

観光事業者、学識経験者やNPOなどを交えた検討委員会で

計画策定へ協議している状況であり、今後は

社会実験などを踏まえてまとめていきたい。



それを受けて、奈良は来年遷都1300年祭が行われる。

環境面でも健康面でも優れ、また自動車では

回れない本当の奈良の良さを分かって頂けるように

奈良から法隆寺へ、明日香へといった整備を

要請致しました。

タグ: 奈良 生駒 議会



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ