2010/7/6

読書な気分  文学

毎日毎日、口蹄疫や政治問題をネットで調べて思い悩んでいると、
本当におかしくなるというか、気分が激しく沈みます。

マイナスの感情はマイナスな事態しか呼ばないものですねぇ。
個人感情までデフレ・スパイラルとか目も当てられません。


現実直視と現実逃避を手軽に同時に出来ちゃうのが読書。

引き篭もりで本を買うのも通販ばかりだったのですが、
先日久々に近所の本屋さんに行って壊れました。

読みたい本が多すぎる・・・


一冊をずっと読むと飽きるのでいろいろ浮気してたら、
同時進行本の数がこんなことに。


クリックすると元のサイズで表示します


友人から借りている本は別にしているので、数冊追加。

何冊かは読み終えましたが、面白い作品ばかりでした。

しかし、ラインナップ節操無いですねぇ。
流行りの本もほとんど入ってないし。


私は理系がまったくダメな学生だったので、
理系に長けている人にとても憧れてしまいます。

物理学者や宇宙工学研究者、生物学者の話がとても面白い。

そして一流の芸術家や政治家の話も同じように面白い。

理系文系関わらず、何かを成し遂げる人の話はとても好きです。


いい話をたくさん知ると、人生が一段と楽しくなりますよね。

現実の不安から時々逃げて、大人なりの勉強を続けたいと思います。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ