2008/1/29

村上ソングズ  文学

先日、フラフラと立ち寄った本屋さんで
1冊の本から呼び掛けられました。

淡い藤色のケースに収められていて、
手描きのタイトル文字とイラストが可愛らしい本です。


 ”あ、和田誠さんの装丁だ!”


大好きなイラストレーター+装丁家+映画監督の
手懸けた本だと分かって思わず手を伸ばしたところ、
著者の名前に目が行きました。



クリックすると元のサイズで表示します



村上春樹さん 『村上ソングズ』 です。


村上さん自身が愛して止まない歌の数々を翻訳し
和田さんが歌に合わせたイラストを描いたもので、
どのページにも多大な愛情が込められていることが
分かるような素敵な本でした。


私が知っている歌はほんの数曲だったのですが、
そのうちの1曲が自分の中でとても大切な歌だったので、
村上さんがどんな言葉で翻訳して解説しているのか
興味を持ちました。


・・・読んでみてヨカッタ。


私が言葉に出来なかったその歌に対する想いを
優しい言葉で表してくださっていました。

ある映画でその歌が使われているのですが、
そのシーンの感じ方が同じだったことも嬉しかったなぁ。
(曲名は内緒)


内容も装丁もとても美しい本なので、
気になる方は是非お手に取ってご覧くださいね。









コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ