2007/5/9

純文学に浸る  文学

連休中に、こんなテレビ番組を観ました。



川端康成、インタビュー映像残ってるんだなぁ。

対談の相手が、三島由紀夫っていうのも感慨深いなぁ。

どちらも劇的な人生を送った作家だということしか知りません。

映像で出会ったふたりの文豪は
美しい日本語で穏やかに語らう、自然体の紳士でした。



教科書で名前を覚えた作家は敷居が高くて(お勉強苦手だったから)
名作と呼ばれる作品をほとんど読んだことがなかったのですが、
それではあまりにも人生損だと思うようになりました。


思い立ったが吉日。


まずは、ノーベル文学賞を受賞した『雪国』から。



クリックすると元のサイズで表示します



絵画を言葉で表すような美しい文章を書く作家だったのだなぁ。

細やかな描写を頭の中で思い巡らすと、
映像のように迫ってくるから不思議。

内容は学生時代に読んでも理解出来なかっただろうけど、
(男女の関係にはいろいろあるって意味で)
今の自分には「そんなこともあるのだなぁ」だと感じます。


年齢を重ねるって、そういうことなのかな?

少しは成長出来たかな・・・


学生時代に敬遠していた作品が成長のバロメーターになるなんて
何だか面白い気がしますね。





タグ: 川端康成 雪国



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ