2006/8/4

THE GIVING TREE  文学

メンバーのブログに絵本の話が出てきたので、ちょっと触発されました。

そんなわけで、『ぼくを探しに』 と作者つながりの
『おおきな木』 についてお話をすることにしましょう。


クリックすると元のサイズで表示します


日本語版は小学生のときに読みました。

他校から赴任してきた先生(校長の相談役っぽい立場だと思う)が
ものすごく本好きな方で、心に残るいろんな本を紹介してくださいました。

その中でも特に印象的だったのが 『おおきな木』
綺麗な緑色の表紙とは対照的に中はモノクロのシンプルな絵で、
淡々と進んでいく物語なのだけど、深い ・・・。
当時の私は、温かさに胸を締め付けられるような感覚を味わいました。


大人になってから英語版 『THE GIVING TREE』 を読んだのですけど、
あぁ、こんなに優しい物語だったんだなぁと改めて感じました。

翻訳というフィルターを通ると、微妙に変わってしまう言葉があるのね。
文章の意味は確かに同じなんだけど、受ける印象が変わってくるみたい。
胸を締め付ける強さは、子どもの頃より増したように思えました。


内容については、ここではあえてお話しません。
まだ読んだことのない方には、立ち読みでもいいから読んでほしいな。





ちなみに、私が持っている英語版にはCDが付いています。

なんと、原作者 シェル・シルヴァスタイン の朗読が録音されているのですよ。

原作者の声で読んでもらえる絵本って、何だか素敵だと思いません?




↓ シルヴァスタイン ってこんな人




 
クリックすると元のサイズで表示します




ちょっとコワイ ・・・ (でも声は素敵★)





2006/8/6  5:12

投稿者:mic@TRIUNITY

自分の好きなことを追求していくと、
実は境界線など無いのだと気付く瞬間があったように思います。
完全な自由人って言葉、良いですね♪
目指したい生き方です ・・・


http://www.triunity.jp

2006/8/5  14:52

投稿者:YJ@TRIUNITY

そう、シルヴァスタインは実は顔の通りのような人みたいです。
ヒッピーと芸術家の線を引きにくい完全な自由人。でもそこに境界線などなかったりするはず。
そして俺達も.....


http://www.triunity.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ