2006/5/19

ABOUT HIM...(7)  音楽





 1953−1997







彼は、この世の人ではなくなっていました。

1997年12月、交通事故だったそうです。







彼の音は、傷心の私を2度も救ってくれました。


1997年。

大失恋して一人旅に出ていた私は、
何の気なしに入った中古CD屋さんで彼の名前を見つけました。

雑然と並んでいたCDの中から
何故彼の名前だけが浮かび上がって見えたのか ・・・
数ヶ月後に彼が亡くなったことを考えると不思議な気がします。

旅先で荷物を増やしたくなくて購入には至らなかったのだけど、
帰宅してからしばらくは彼の音に浸って安らいでいました。



そして、その何年も前。

父を亡くしたばかりのタイミングで辛い出来事に巻き込まれ
哀しみを通り過ぎて死にかかっていた私の心を呼び戻してくれたのは、
あの日ラジオで流れた優しいギターの音でした。



クリックすると元のサイズで表示します



彼が演奏してるところを観られなかったのが悔やまれますが、
先日こんな映像を見つけて釘付けになりました。

改めて、素晴らしいギタリストだったと思います。

本当に残念です。

心よりご冥福をお祈りいたします ・・・





7回にわたってお送りしました『ABOUT HIM...』、今回にて終了です。

読んでくださってありがとうございました。





2006/5/29  8:41

投稿者:mic@TRIUNITY

興味を持っていただけて嬉しいです。

彼は『ウインダム・ヒル』という癒し系レーベルのギタリストなんですけど、
他の誰にも似てない美しい音と演奏スタイルは衝撃的でした。

彼は歌もレコーディングしていて、それも結構良かったりします。
個人的には楽器演奏者が歌う歌は、奥ゆかしくて好きです。

当時、たまたま行った本屋さんで『マイケル』って
名前が書いてあるギター教則本の背表紙を見つけ、
棚からそっと引き抜いて恐る恐る表紙を見ると
フライングV持ってる方のマイケルが・・・(ばく)
「うわ、コワイ顔!」とか思ったけど、
ヘッジス氏も結構コワモテでしたね。

好きなギタリストはたくさん居ますが、
その中でも彼は私にとって特別な存在かも知れません。


http://sky.ap.teacup.com/triunity3wishes/

2006/5/28  9:38

投稿者:*ミトン*

初めて聞くお名前です・・・
micさんの彼を探す旅に同行してきて
是非聴いてみたくなりました。

こういう出会いって、めぐりあいって
大切に大切にしたいですよね・・・。

シェンカー、でなくって
少しほっとした私でした(^^:


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ