2006/2/21

縁は異なもの、その後  音楽

突然、会社帰りにどうしても髪を切りたくなりました。

いつ行っても良さそうなものなのに、
『今日』じゃないとイヤって、強く思ってしまったのが不思議です。



仕事が終わり、会社から美容院の方向へ向かう途中、
妙齢の上品なご婦人とすれ違いました。

何の気なしに通り過ぎようとして、
でも通り過ぎた後でどうしても気になって・・・

ふと振り返ると、
ご婦人が先に足を止めて私を見つめているところでした。


 「あの、どこかでお会いしましたよね?」


彼女の言葉を聞き終わる前に、思わず彼女の手を握り締めた私。


 「先日のニュースカイラークのライヴ、観て下さった方ですよね!」


道端で人目も気にせず手を握り合ってしまいました。


忘れませんよ、忘れませんとも。
ライヴ、最前列で楽しそうに聴いてくださっているお客さまの顔ですもの。
歌ってる最中に何度も目が合って、何度も微笑み合った仲ですし(笑)


この日のライヴで気持ち良く歌えたのは、
大好きなニュースカイラークと共演できたことばかりでなく、
彼らの演奏を心から楽しむお客さまとご一緒できたからだったのだと
改めて感じているところです。


彼女には私の【TRIUNITY】仕様の名刺をお渡ししました。

またいつか、歌っているところでお会いできたらいいなぁと思います。

と言いつつ、カサブランカ常連ってことでお会いできそうな予感です。



会社帰りの道草で再会した、不思議な縁のお話でした。



クリックすると元のサイズで表示します
↑最前列中央のご婦人が、今回の主役なのです。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ