2008/12/12  9:22

乃木坂春香の秘密 ドラマCD Vol.1  あやなす感想文(音楽)

 このCDは「乃木坂春香の秘密」のドラマCDですが、当初買う予定はありませんでした。でも、ネットラジオでN'sの新曲「薔薇されたいっ」を聞く度、やっぱフルで聞いてみたいなー、という思いがつのり、購入に踏み切ってしまいました。なので、個人的にはドラマの方がオマケです(笑)。
 でも、ドラマの方もなかなか面白かったです。もう、妄想力のレベルを高めて聞くのがベストです。なので、テキトーですが、軽くレビューを書いてみます。(以下多少ネタバレあり)



●第一話 『乃木坂春香の秘密』の秘密
 あらすじは、主人公・裕人の姉のルコと彼の担任の由香里先生が春香の秘密を探るため、周辺の人に聞きこみ捜査を行なうという内容。
 まぁ、聞きどころは信長のオタク談義ですかね。萌えについて熱く語っています。おもわず、同意せずにはいられません(笑)。
 あと、ルコと由香里先生にいいようにいじられる玄冬さんでしょうか? 玄冬さんの春香のモノマネがなんとも(笑)。
 でもって最後は本人に直接聞きに行く訳ですが、オチはまぁ聞いた人だけのお楽しみということで。

●第二話 『温泉旅行』の秘密
 あらすじは、乃木坂家専用温泉に招待された裕人、姉のルコ、由香里先生と乃木坂家の面々が繰り広げるドタバタ劇です。
 まぁ、内容は一言でいってしまえばそれまでなんですが、コレを最大限楽しむには妄想力を全開にすることです(笑)。温泉でみんなから、くすぐられまくる春香とか、ハーレム状態の裕人とか。ドキドキの展開が続きます。絵が無い分、想像は自由、ということで(笑)。

●薔薇されたいっ/N's
 と、いうわけで最後にN'sの新曲について。最初ラジオでこのタイトルを聞いた時「バラす」というのは「殺す」の方の意味かと思っちゃいました(笑)。ネットラジオでもゴマちゃんがそんなこと言ってたような……? でも、内緒の話とかをバラす、という方向の意味だったみたいです。そんでもって、CD買って初めて「バラ」が「薔薇」と表記するというのを知って何かやられた気分でした。

 曲の方はN'sの面々が次々と言葉のキャッチボールをするような感じで進行していく感じです。それぞれのフレーズは繋がってないようでうまく繋がっていて、バラバラな感じでありながら、言葉のリズムがテンポよく続き、とても心地いいです。途中「うふ」とか「はら」とか「ひえ〜」などの短い叫びというか感嘆のような言葉が出てくるのも特徴的です(一部はちゃんと歌詞に載ってます)。
 
 個人的な聞きどころは「花びらめくったら」という歌詞の後に「いや〜ん」(多分ゴマちゃん)と続く所と、「茶番に番茶」という歌詞の後に「おいしゅうございます」(多分植田さん能登さんかも)と続く所です。特に前者はなんかちょっとえっちな感じ(笑)。


 と、いうわけで、結構個人的にお勧めです。まぁ、このノリについていける人なら楽しめるのではないでしょうか。

【08.12.16 一部修正】
「おいしゅうございます」の部分はよく聞いたら能登麻美子さんかもしれないです。あまり声の聞き分けに自信はないので、正しいことは分からないですが……(汗)


【13.04.06更新】外部サービスの拍手ボタンを撤去しました。


↓こっそり参加
にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ