2020/8/27  14:30

Windos7のメンテ  あやつぶ

今日は朝から、dynabookに入れてあるwindows7のメンテをしてました。

このマシンはデュアルブートにしてあって、普段はLinuxMintを利用しているため、Windows7の方はたまにしか立ち上げてはいません。サポートも終了してますし。

で、今回、Windows7の方を活用する方法を考えたので、メンテをして環境を整えることにしました。
ちなみに、どう活用するかというと、スキャン用です。

LinuxMint環境だと、うちの複合機では印刷はできるんですが、スキャナのほうが使えないんですよね、なぜか。

なので、それなら対応してるWindows7環境でスキャンすればいいかな、と。

というわけで、Windows7の方にドライバを入れて、無事スキャンできる環境を構築。LinuxMintとデータ共有は、余ってるUSBメモリを挿しっぱなしにするという方法を取ることにしました。

どういうことかというと、まずWindows7でスキャンし、データをUSBメモリにコピー。
その後Windows7を終了させて、今度はLinuxMintの方を立ち上げれば、そのまま挿しっぱなしにしてあるUSBメモリからデータを取れる……と、ただそれだけの話です。

デュアルブート環境なので、Windows7とLinuxMintを同時に立ち上げることはできないのでこんな手段を思いつきました。

ま、はっきり言ってめんどくさいんですけど、LinuxMintがお絵かき用のメインマシンなので、仕方ないです。

でも、ホントなんでLinuxMintの方でスキャンできないのかなぁ。
Ubuntu14.04の頃は出来てたはずなので、やっぱりアップデートが関係してるんじゃないかと思いますが。
0
タグ: 日記 つぶやき



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ