| 衆議院議員 東郷てつやブログ" /> 財務委員会[$] | 衆議院議員 東郷てつやブログ

衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:東郷てつや
たんぽぽさん
政調費については、全面公開を訴えてきましたし、税金である以上、当然そうあるべきと思います。まずこの議論は、使途基準を作るところからスタートしました。「1万円以上」とした点は、2年間の経過措置でありますが、政治資金規正法では、5万円以上の領収書の公開が義務付けられていることから、事務の簡素化を目的として、それにならって一定の条件をつけたものと考えます。
今年度からは1円以上のすべての領収書公開となったところですので、市民の皆さまから信頼されるよう努めてまいります。
投稿者:東郷てつや
清水さん、舛添さんが何を考えているのか分かりませんが、総理にしたい人ナンバー1だっただけに自民党にとっては残念です。
新党が乱立することは、結果として民主党を利することとなると思います。参院選後の政界再編というが、衆院選は小選挙区制ですから、二大政党に収れんされていくことになるでしょう。今は、一致結束して参院選に向かうべきと思います。
投稿者:たんぽぽ
いつもブログを拝見しています。
非常に疑問に思うのですが、なぜ「1万円以上」という制限をつけるのでしょうか。

・企業も税務署では1円でも細かくチェックしているので、「市民から信頼を得る」という観点では甘い(なぜ議員だけが許される?)と感じる

・「1万円」という根拠が不明確(「大幅に事務量がかさむ」とする理由が見えません。具体的に例えば1万円以下の領収書がすべての領収書の何%といった内訳をはっきりと提示しないと納得と思います)

・あえて「9999円」という領収書を切って不正をすることもあるのでは?

といった疑問を感じています。

東郷先生であれば、もっと市民の声を聞いていただけると思いますし、よりオープンな政治を目指していただけると期待しています!
投稿者:清水
舛添さん一体何を考えてるのやら‥。自民党も崖っぷちどころか既に崩壊が進み崖から落ちてる状態ですね。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ