衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:東郷てつや
村石太ガール&売れない作曲家さん、はじめまして。アンキロさん、コメントいつもありがとうございます。
小沢氏の裁判については、法律論でいえばそもそも政治資金規正法が形式犯にとどまり、金額の大小は別としても同様の実例からも修正すれば終わる話で国会議員のバッチを取ることは難しかったと思います。指定弁護士側の主張を概ね認定した上で無罪判決としており、罪刑の均衡を図れば、鳩山氏のいわゆる“故人献金”の政治資金規正法違反(虚偽記載)やまた実母からもらった子ども手当てとも揶揄された事案は脱税まがいの話で、それらの事案と比べれば、鳩山氏が上申書を書いて何もなく、小沢氏だけを刑事責任を問うのはバランスを欠いた一面もあるのではないかと思います。
しかし、政治家としての国会での説明責任や元秘書ら3人が有罪(控訴中)となっていることから政治的・道義的責任は免れないでしょう。「秘書がやったから知らない」というのは一昔前の政治家の常套句で国民の不信が晴れたことにはならないと思います。民主党は政治資金規正法の改正で企業・団体献金の廃止などもマニフェストで主張していながら、自粛を解除して全く手付かず。自浄能力すらないのでしょう。
投稿者:アンキロ(瑞穂区民男(31))
★小沢議員&グループは、自分が立法府の人間と解っているのだろうか?
 ◆今朝のTVで、小沢チルドレンが「無罪は無罪」といっていました。でも、
 「担任先生(裁判長)から、退学(有罪)ではないがこっぴどくしかられた状況(あんたは信用できません)」
 なのだから、
  @国会での説明をする。
  A治資金規正法を厳しくして、「知らぬ存ぜぬ」ではすまないようにする。
  B国民(検察審査会)の批判に向き合う。
 てことが必要。と私は思います。
 ◆一般人なら、「疑わしくても無罪」で喜んでいいです。でも立法府の議員なら、司法から叱られたことに向き合わないと…民主主義が成立しなくなる。
投稿者:村石太ガール&売れない作曲家
はじめまして。今日は 暖かな日ですね。ゴールデン ウィークですね。行楽日和です。
一度 裁判沙汰にされた 国会議員を 国民はどんな感じで 受け止めているのだろうか?
小沢さんは 無罪となる。
この場合も 指揮権発動が 適用できたのだろうか?
長い時間において 信用を なくしていた。
次期 総理と噂された 小沢さん お金を たくさん 持っているナァ。
政治家が活動維持していくのに いくら必要なのかなぁ?政治献金というのは 募金かなぁ?
消費税増税反対の小沢さん この件は どうなるのだろうか?政治研究会(名前検討中

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ