衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:東郷てつや
Bassさん、専門家としてご指摘ありがとうございます。東海豪雨以降の庄内川の下流域の整備については検証が必要でしょうね。少なくともこのブログでも指摘したように、今回の下志段味の越水した箇所については、問題が指摘され、陳情を行ったにもかかわらず国交省が当時、決壊や越水の可能性が低いと判断したことは問題といえます。その際、国の整備事業で下流域のみが対象とされていました。
投稿者:東郷てつや
アンキロさん、今回のため池の決壊について、今後、検証が必要になると思いますが、区画整理事業に伴う森林の伐採が影響しているのではないかと思っています。上志段味地区の造成についてはここ3〜4年で急速に進められました。過去、伊勢湾台風や東海豪雨の時でも今回のような決壊などなかったわけですから。今回は、台風の直撃でもなく、まさかこうした被害をもたらすことは誰も考えていなかったのではと思います。
ため池の護岸整備や庄内川、野添川の治水対策などハード面の整備には相当の費用を要すものと思いますが、現在、関係局と被害状況の把握と被害額の積算を進め、11月定例会で大規模な補正を出すよう調整をしています。ソフト面の問題点については、課題を整理して早急に改善してまいりたいと思います。
投稿者:Bass
今回決壊した筧池は現在では水を送る農地がないので、ため池といってもこれまで農政側で改修・補強が出来ず、かといってすぐ直下に別の池があり、住宅がないということで、都市側の対応もなかなか出来ないという事情から残念な結果になってしまいました。
庄内川が決壊したことについては、事実を検証する前に軽々な発言は避けるべきでしょうが、庄内川から新川へ水を流す洗堰?を塞いでしまった影響はないのでしょうか?
投稿者:アンキロ(瑞穂区民男(31))
★今回は秋雨前線なしでこれだけの台風が出た。それを考えると、気圧配置や季節時期しだいではさらに暴雨がありえると予想できます。
★9/22「避難所の問題点を検証」を読むと
 堤防などのハード面は時間も費用もかかるし、これくらいの頑丈さでという点でも限界があると思います。ぶっちゃけお金がきついでしょう。
 しかしソフト面はもっと改善できるのでは?と思います。「避難所から追い出され」などという事態は、即、カイゼンすべきです。  

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ