衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:AG
東郷さん

ご多用の中、ご回答ありがとうございました。再度コメントいたしますが、お忙しいでしょうから回答はなしで結構です。

「政令市と一般市町村との単純比較は出来ませんが、取り扱う事務や範囲は大きいといえます。」

漠然とではなく明確な説明ができると、議員報酬の議論をするうえで一つの参考となると思います。

海外視察や委員会視察は必要ならば海外でも北海道でも行けばいいと思います。
ただ、現行の制度・あり方はゼロベースで見直す必要があると私は思います。

海外視察の内容はともかく、少なくとも費用の100万円は高いと思います。 http://ombuds.exblog.jp/i17 を見る限り、議員さんはコスト意識はあるのかな?と普通の人は思うのではないかと思います。

このようなことを改革できないから旧来議員が信用を失い、河村市長が圧倒的に支持され、減税日本議員が大躍進することになったのだと思います。

50万円で済む(と私は思います)はずの海外視察が100万円も掛かってしまうのならば、議員報酬も本当は800万でできるのでは?と思う人がいても不思議ではありません。

冠婚葬祭費については、議員報酬800万円では厳しいという意見の中で例に挙げることにとても違和感があります。
投稿者:東郷てつや
訂正

子弟かなく→していかなく
(単純な変換ミスです。すみません)
投稿者:東郷てつや
AGさん貴重なご意見(質問)ありがとうございます。
まず地方議員の報酬については、地方自治法に報酬を支払うことと規定されています。金額については、それぞれの自治体の財政規模などに応じて、条例で定めることとなっています。仕事量が3倍かどうかは分かりませんが、例えば名古屋市では人口3万人に議員1人となっていますが、お隣の尾張旭市は、人口は8万人(守山区の半分)で定数21人です。政令市と一般市町村との単純比較は出来ませんが、取り扱う事務や範囲は大きいといえます。政務調査費についても各自治体の条例で額や運用については取り決められていますが、十分な調査・研究を行なうためには一定の金額が保障されることが必要と考えます。ムダがあるかどうかは、見直す必要もありますが、基本的には政務調査費は、使いきりが前提ではなく、余れば返還するものです。その上で、より透明度を高めて、政策効果が見えるよう努めてまいりたいと思います。
4年に一度の海外視察については、ご議論もあると思いますが、グローバル化時代に国際都市名古屋の政策課題に対して還元できる有用なものとしていかなければならないと思います。常任委員会の他都市調査(行政視察)は、すべての委員会が北海道へ行くわけではありません。私の所属する土木交通委員会は、今年度、札幌市と旭川市を調査しますが、本市との関連施策における調査項目となっています(ちなみに昨年は、総務環境委員会でしたが、大阪、堺、新潟、上越、富山市の調査でした)。当たり前ですが、観光は一切ありませんので。こうした行政視察も市民の皆様のご理解をいただけるよう、きちんと政策効果が見えるものとなるよう取り組んでまいります。
冠婚葬祭については、政務調査費は充当できません。したがってポケットマネーでの支出となります。公選法では、議員(候補者)本人が持参する場合、社会通念上必要とする場合、問題ないとされています。
いずれにしても政治とカネについては、オープンにして疑念をもたれないよう子弟かなくてはならないと思います。
投稿者:AG
テレビを見ておらず、普段の議員さんの仕事ぶりを理解していない、かつ素人的な単純な比較で申し訳ありません。

人口の少ない市町村の議員報酬は名古屋市の3分の1です。
名古屋市の議員さんは小さな市町村議員の3倍の仕事量なのでしょうか?3倍も高度な仕事をされるのでしょうか?

政令指定都市や人口の多い市町村の方が報酬が高いのは漠然とは理解できますが、果たして3倍もの差が妥当なのかどうかは全く分かりません。

政調費も少ない地方の議員さんはたいした調査をしていない(できない)のでしょうか?

東郷さんがおっしゃる「やればやるほどおカネがかかる」
これは正しいとは思いますが、費用対効果を考えた活動をすれば、もっと費用の削減はできるのではないかと思っています。

個人支出ではありませんが、4年に1度の100万円の海外視察だとか、毎年夏に恒例の北海道視察だとかを見ていると、視察に行っただけで仕事をした気になっている議員さんがとても多いのではないかと感じます。政調費も費用対効果の低い使われ方をしているのではないかと思ってしまいます。

香典の類は選挙活動の要素がとても強いものだと思いますので税金で負担するのは疑問です。報酬が800万円になったから支出しないではなく、そもそも税金で負担するべきものだったのかどうかも疑問です。

長々と思いつくままにコメントいたしましたが、今後の市民目線の改革を期待いたします。
投稿者:名東区民
私も見ました。東郷先生のご活躍いつも影ながら拝見しています。6月定例会の質問も期待しています。それにしても減税日本のスキャンダルが止まりません。党としての危機管理が全くといっていいほどなっていません。所詮、素人集団ですから・・・誰かこいつらこそリコールしてください。
投稿者:守山区民
テレビ拝見しました。東郷さんのようにしっかりと仕事をしている人は、きちんと報酬を払い、市民のために働いてもらえればいいと思います。減税の議員は、800万円でも多いと、市民も感じているのではないでしょうか?そもそも服装からして、いくらクールビズとはいえ、大学の構内と同じ格好で議会へ来たり、ラガーシャツで普段活動しているのは何か違和感を感じました。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ