衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ちら見
選挙結果をみて現実が見えないとは思えないので、一刻なところがあるのでしょう。ご本人様の人生ですので、これ以上は・・・。
投稿者:市民
自分に耳障りのいい事ばかりを間に受け真実(選挙結果)に目をそむけて、はたしていいのか市会議員を目指すのかそれとも町の政治おじさんで終わるのか?現実をみろ。落選をしてやっと最下位で当選した一年生議員が本当に守山区のためになるのかそれは自信では無く過信だ。。目をさませ。
投稿者:東郷てつや
議会解散という結果は、非常に重く受け止めています。
イチ読者さん、声援ありがとうございます。報酬の議論というのは、バナナのたたき売りによる単なる安売り合戦では、政策議論とは呼べないと思います。
議員の職責が、正当に評価される仕組みの中で、経済状況なども鑑み、考えていくべきであると考えます。現在、第三者機関で報酬の議論をスタートさせたところですので、それを踏まえて、さらなる改革に取り組んでまいります。
現在、マニフェストを作成中ですので、将来の名古屋をどうするのか?ビジョンや政策を示して、有権者の良識に訴えていきたいと思います。

投稿者:イチ読者
たとえば市民さんのコメントのようなくだらないご意見を読むと、失礼ながら、名古屋の有権者の質があきれるほど劣化していることを肌で感じます、といっていいすぎなら、余裕がなくなっているのを感じます
市議会議員などという割にあわない仕事を、落選すなわち失業というリスクを背負ってまで引受けておられる東郷先生のような専業議員に対して心から尊敬の念をおぼえます。私のようなヘタレだったら、カミさんに反対されたら、とてもじゃないが続けられません(苦笑)
東郷先生にはどうか、実のところ市議の報酬にしか関心がない(すなわち他人のフトコロにしか関心がない)クセに(さもしい、としか形容がしようがない)、いっぱしに市政に関心のある市民です、といわんばかりのデカイツラをしたがる有権者はほっといて(こういうひとたち相手の説得に費やす時間は単なる無駄です)、心ある有権者にターゲットを絞って、選挙活動を展開されることを切望します
投稿者:市民
なぜ解らない、河村にYESではなく議員にNO
とはっきりと数字にでた。なぜ認めない。以前も書いたがあんなに頑張って反対運動をして届かないはずがない。市民は議会ではなく議員を問題にした。

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ