衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:名無しさん
お返事ありがとうございます。義務的経費ゆえに認めざるを得ないものの、財政当局の試算の甘さは明らか。減税の影響もあって、そうでもしないと、予算が組めなかった、確信犯的開き直りでしょうか?
投稿者:借金名古屋!
河村減税、大失敗!高度成長、エコ事業の恩恵を受けて大きくなった中小企業の社長は、早く引退してくれ!あなたの会社が大きくなったのは、あなたの実力じゃない、たまたま古紙業をおやじが営んでいたからです。
投稿者:東郷てつや
名無しさん、もちろん義務的経費でありますから、社会的弱者の救済の観点から否決とは出来ません。
しかしながら、減税のシワ寄せで借金を膨らませていくことが市民にとって正しいこととは思いません。予算審議の当初から70億以上不足すると指摘してきたにもかかわらず、財政当局の積算が甘かったことは明らかであります。
円高のせいに転嫁していますが、それは議会が指摘した70億円以外のプラス20億円であって、円相場が昨年並みであったとしても70億円は、少なくとも足りなかったはずで、全くの詭弁であります。
減税よりも現下の経済対策を考えれば、市民の生活を守るために、景気・雇用対策など優先順位の高い政策に集中投資することが必要と思います。

投稿者:東郷てつや
今井さん、コメントありがとうございます。減税して企業誘致や金持ちが名古屋に多く来て、税収が上がると河村市長が強弁してきたが、皮肉なことに全国から「名古屋に行けば、(行政が)面倒見てくれるから」と言って、保護世帯が集まってきて、結果として財政を圧迫している。不況が原因というが、ならば雇用・景気対策をするのが政治の責任ですね!
投稿者:名無しさん
そこまでおっしゃるなら否決でしょうか?義務的経費だと思いますが。
投稿者:今井省吾  
このデフレ不況のなか、他の自治体で生活保護申請を認められなかった方々が名古屋に流入し、生活保護費の不足が起こりうる事は、年度初頭から想像出来た事でしょう。当局の怠慢さには呆れるものが有ります。
また「当局対応に対して、たるいぞと吠える〇〇〇〇」に、なりそうです。(笑)

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ