衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:バーバラB.B
東郷さんの意見に賛成します。
報酬の多寡ではない。報酬に見合った仕事が出来るかどうかです。議員が自ら報酬を減額することは、自らを否定することのような気がします。「市民感覚からズレている」という意見をよく耳にしますが、市民感覚とは横並びの感覚です。議員の仕事は「誰でもできる」というものではなく、だからこそ「選ばれる」のではないですか。私たちが代表として送り出す議員に相応の報酬があるのは当然のことです。


http://barbaros.exblog.jp/
投稿者:東郷てつや
SSZさん貴重なご意見いただきありがとうございました。ご指摘の点ですが、事務所や人件費はじめ政務調査費については、実態に応じて費用を按分しています。議員は、政務調査活動以外にも後援会活動や党務、様々な社会活動(PTA活動や地域活動等)、また選挙運動など政務調査費の使途基準に当てはまらないものも多くあります。多くの場合、これらの活動を賄う場合、議員報酬からの持ち出しとなっているのが現状です。報酬部分が争点となっていますが、本来は支出も含めて政治活動に実際にいくらかかっているのかすべて情報公開を原則に、堂々と政治活動に使えるしくみを議論すべきと思います。
誤解を恐れずに敢えて言わせていただければ、報酬の迎合合戦ではなく、議員の職責を評価するしくみや議員の資質向上、議会の機能強化をする上で、専門職として職務に専念するための適正な報酬を決定すべき。自民党は、200日議会(通年制)を主張してきました。

投稿者:東郷てつや
JRCさん、バーバラさん、イチ読者さん、議員の情報発信については仰るとおりですね。横井議長や藤田議員からは、先輩として様々ご指導いただき、勉強させていただいています。
以前より、インターネット選挙の解禁を訴えて参りましたが、参議院選挙で見送りとなったままですが、今後、解禁された場合、議員の資格要件や選挙戦略が大きく変わると思います。今後も、しっかりと情報発信を続けてまいります。

投稿者:イチ読者
JRCさん、バーバラさんのおっしゃる通りですよね
市議はブログを開設した以上、最も重要な職場である市議会で、首長や行政に対する質問の内容や、それに対する首長や行政の回答と、それらの質疑から浮かび上がった課題を掲載すべきだと思います
ところが、議会以外での日常の政治活動(もちろんそれも大事ですが)については細々と報告しても、肝心の市議会での質疑内容については、せっかくのブログでほとんど、あるいは全く言及しない市議の方が沢山いらっしゃいます。すばらしい内容の質問をして河村市長をタジタジとさせているのに、そのことをブログで一行も触れない市議が大勢いるのは全く不可解ですし、もったいない。市議会での質疑は票にならないとでも思っているのでしょうか?そのおかげで河村市長が市議会でいかにヒドイ答弁をしているかが有権者に一向に知られず、みすみす損をしています(だから普段、市議は何しているのかわからないと市民に思われ、そこに河村市長がつけこんでいる)
市議の先生方、ブログを書くなら本会議や委員会での質疑を載せましょう(その点、ふじた和秀市議のブログはいつも感心しています)


投稿者:バーバラ
JRCさんのおっしゃる通りと思います。
たとえば、先日のシンポジウムの模様をブログにアップしている議員は東郷さん、横井さん、他2名という現状です。
「市民に向って発信」という意識に、私は議員間の温度差を感じます。議会が市民を大きく動かせるような発信ができないのは、その温度差もネックだったのではないでしょうか。
「議会が何をしてきたのか、市民に十分理解されていないことについて反省」すると共に、具体的に何をやるのか、温度差を乗り越えて示して下さればと思います。

今度、そのカッコイイ名刺、一枚ください。


http://barbaros.exblog.jp/
投稿者:SSZ
議員は選挙で選ばれた市民の代表者であり、サイドビジネスでやれるような仕事ではなく、また任期を過ぎて落選すれば路頭に迷う立場であるからには、報酬が高いのは当たり前だと思っています。うらやましいなら、自分が議員になればいいのです。誰でも立候補できるのですから。
ところが、過日新聞に載った議員報酬が半額になったらやっていけないという某議員の説明では、報酬の中から秘書の人件費や事務所費を払わなければならないことを考慮すると高額ではないとの説明がされていましたが、一方で、政務調査費の額の議論の際には、人件費や事務所費を政務調査費で払っているとの報道もありました。どうも一貫しておらず、却って疑念を招いているような気がします。
「報酬がある程度、一般市民より高いのは当たり前だ!」と、堂々と言えるようになると良いですね。
投稿者:JRC
「議会側」の議論は筋が通っていると思います。でもいかんせん発信が足りない。「市長側」も実はマスメディア中心なんですけど、マスメディアを引き寄せるのは至難の業でしょうからもっとネットを活用しなくてはダメです。双方向のcommunicationがネット上でできる議員は東郷議員を含めて片手で数えることができるのが現状です。

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ