衆議院議員 東郷てつやブログ

元名古屋市会議員 東郷てつやは
平成24年12月の第46回衆議院選挙において衆議院議員に選出していただきました。
一年生代議士の奮闘をご報告いたします。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:守山区民
(私も守山区民さん)へ あなたと議論してるのではありませんから 口をはさまないでイタダキタイ!

ただ東郷さん誠実にご返答頂きありがとうございます! 数少ない議員さんと 私も守山区民さんが言ってましたが だからこそ右に習えで市政を変えたくても今の市長みたいにイジメられるのが怖いのでは? 私も東郷さんと同じ世代なんですが 東郷さんみたいな若手の議員さん達だからこそ出来る事があるはず! ガラス張りで中身の見える 市政をしてこなかったからこうなったんだと、自覚して頑張ってもらいたいと思います。
投稿者:私も守山区民
守山区民さん、私も同じ守山区民ですが、あなたの言っていることは、マナー違反ですよ。ここは、少なくとも東郷議員の活動を通じて市政の情報を交換したり、建設的な議論をしていく場と思います。
あなたの言っていることはねたみ、ひがみの人間の卑しさが丸出しです。節度ある言動をお願いします。
少なくとも東郷議員は、しっかりと情報発信をし、真面目に取り組んでいる数少ない議員と評価しています。見識もあり、キャリアも十分あって、国政でも通用すると思っています。ぜひ市民の期待に応えてほしいと願っています。
投稿者:東郷てつや
確かに今まで議員の仕事が見えにくかったのは事実で、議会も反省しなくてはなりません。河村市長によって一石が投じられたと思います。また民主主義は、最後は選挙ですから、洗礼を受ける覚悟は常にあります。

TVでの家内の発言は、報酬が800万になったらどうなりますか?との記者の問いに「今ですら、大変なのにやっていけません。」と発言していましたが、母親の立場として、主婦の立場として生活費を切り詰めながら、子どもたちの将来も考えるあまり、切実な思いで言ったと思います。子どもの塾については、最低限、親の責任として、自分も親から受けてきましたが、塾など通わせているつもりであります。

守山区民さん、私に対するご批判や誹謗・中傷は甘んじて受けますが、家内や子供たちに対するものは、ご遠慮ください。
投稿者:守山区民
東郷さんあなた方議員が今まで怠慢だった事が名古屋の今の状況を引き起こしたのでは? 今までぬるま湯に浸かってたカエルが河村市長によって熱湯を浴びせかけられ、やっと飛び出して来た様にしか見えませんが! 私達市民はもっと中身の見える市政を期待してるのです! 茹でガエルにならなくて良かったじゃないですか(笑) 一度私達のジャッジを受け 気付いてください、前にTVの取材で議員報酬が半分になったらどうします? って東郷議員の奥さんが質問されてましたが ふざけた返答しましたねムカッ なんでしたっけ? 離婚します!って応えたんでした? 今子供を塾に通わせたくても出来ない家庭がどれだけあるか知ってるのか! あなたの子供はいくつ塾に通ってますか? ふざけた冗談は止めてもらいたい! もし河村市長が独裁的な事を行えば 即座に私達は引きずり降ろします! まずはあなた方からです!
投稿者:東郷てつや
一市民さんご指摘ありがとうございます。民主主義との闘いとは、河村市長の主導するリコールに対して二元代表制という議会制民主主義を守るという意味です。街頭演説でしたので、少々象徴的な言葉として「民主主義の闘い」と使わせていただきました。倒置的表現で名古屋市の未来を守るため・・・と言っているので、基本的にはご指摘いただいた趣旨とご理解ください。
投稿者:一市民
すみません。「民主主義との闘い」とはどういうことでしょうか。それがあなたの政治理念なんでしょうか。「民主主義を守るための闘い」ならわかりますが。

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ