Weblog by Tanto

ようこそ。
Tanto (terima Kasih, enzo27)のblogです。
余り更新しませんが、ぼつぼつと。

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

RSS取り込み1

最近の投稿画像

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
ぼたんさん、ありがとうございました。
そちらのWeblogにコメントしましたので、
よろしくお願いします。
投稿者:ぼたん
はじめまして。
私、大牟田生れの大牟田育ちです。
ネットをうろうろしてたらここにたどり着きました。
趣味は三線です。大牟田で練習してます。
ちょっとご挨拶だけでした。ではまた覗かせていただきます。

http://botan.blog.ocn.ne.jp/1/
Jayさん、
そちらのweblogにコメント載せました!
投稿者:Jay
ついでに与論のうた関連ニュースということで…

http://yugafu.seesaa.net/category/172767.html
投稿者:Jay
なるほどー。森崎和江さんの「与論島を出た民の歴史」はむか〜し読みましたが、「十九の春」が大牟田までつながるとは思い至りませんでした。話は変わりますが昨日宮古島出身者が集まる場があって、紛れて話していたら、宮古から三池に働きに来た経歴のある人が一人二人。上野英信「眉屋私記」や三木健「西表炭坑概史」ではないですが、琉球弧と九州の炭鉱をつなぐ複線の一端を見た思いでした。ひょっとしたらご存じかもしれませんが、筑豊に眠る沖縄出身の炭鉱労働者の慰霊として、5月に筑豊(確か飯塚だったか)で、沖縄から琉舞の先生を呼んで催し物があるそうです。

しかしこのところ寒いですね。「ピゼンは寒いので子が育たんらしい」というのももっともです。

http://yugafu.seesaa.net/
下の投稿(一部terimaの想像が含まれますが)の出典
・本山謙二[2001]「重なり合う<うた>の経験」姜尚中(編)『思想読本[4] ポストコロニアリズム』 作品社
・本山謙二[2002]「歌い崩される<うた>の経路」『現代思想』2002年5月号
・姜信子(WEB)
http://www.asahi-net.or.jp/~fw7s-kn/2002lec008.html

そうなんですよ!「十九の春」の元唄が「与論小唄」、さらにその元唄が「与論ラッパ節」です。おそらく、この「与論ラッパ節」れは明治以降、本土その他で流行した「ラッパ節」を原型とし、与論出身の方が三池炭の石炭積載のために口之津(長崎)や大牟田での苛酷な労働の中で唄ってきたものだと思われます。
その人々が島に帰省したり、Uターンしたりということで島に持ち込まれ「与論小唄」となり、さらに島の人々が再び沖縄を含む全国各地へ労働者として移動する際に「与論ラッパ節」や「与論小唄」を広め、最終的には田端義夫の「十九の春」になる、という流れがあります。
ちなみに「月が出た出た〜」の炭坑節の元唄(筑豊)にも「もとの娘の十八に〜」という歌詞が出てきて、これもラッパ節の影響でしょうか。

ちなみに、私は西新はのべ15年行ってます(6丁目の大学。最近は10日に1回位しか行きませんが)。たぶん、その沖縄居酒屋も行ったことあるかもしれません。もしかしてテングッド(元ビブレ)の近くかな?が、あまり記憶にない(-_-;)
投稿者:Jay
そういえば「十九の春」が与論ラッパ節を経由して沖縄に来た節であると聞いたことがあるような気がします。
ついこないだまでであれば西新に三味線を置いてある沖縄居酒屋があったので一度お誘いしたかったのですが……残念ながら閉店してしまいました。

http://yugafu.seesaa.net/
あ、なんとなくわかりました。
ただ、私は会員データを持ってないので...。
10月からは通勤時間帯が変わったのでY口さんともあまりお会いしませんね。残念。
大牟田のゆんぬんちゅの三味線は確かに器財も曲目(音階)も沖縄っぽいです。楽曲によっては奄美っぽいものもあるようです。
島自体が沖縄と奄美大島の中間にあるので、音楽的にもそうなのでしょうが、最近の沖縄・奄美音楽ブームが影響していることもあるでしょう。BOOMの”島唄”やってたりしますから。
とにかく今後ともよろしくお願いします。
投稿者:Jay
ぃやーぬちぶぇーさぬひるまさやー
反応の早さに驚きました
Tantoウォークで神社でのお昼の時に「見知らぬわが町」を持っていた者、と言えばご記憶にあるでしょうか
もしくは事務所設置後初の定例会にいきなり途中から入ってその後懇親会にも参加させていただいて梶原さんと「炭掘る仲間」の話をしていた者、と言えばご記憶にあるでしょうか
あるいは照間さんの通勤時によくバスが一緒になるY口さんの夫の友人と言えば...メールした方が早いですね(A^^;
与論の三味線...そうか、エラブ以南は沖縄音階だから基本は三線と一緒ということでしょうか。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ