2010/3/31

重大事件―報告書  カルト・宗教・犯罪

警察の報告書は下記ですね。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/nansen/h220330_jiken.pdf
異例ですね、実に。
私が知らなかった内容もあり、可能ならばA〜Hの人に改めて聞いてみたいです。

これ、教団側は、確実に引締めに利用しますね。
「根拠もないままあんな発表をした。すべてが宗教弾圧であり、冤罪である一つの証拠だ」という感じで。

重大事件については、警察は責任者が必ず報告書を作るようです。一般には、内部資料扱いだろうけど。たしか、解決事件の最後には、表彰を与える警察官の氏名、職名、などを書くと。

1―坂本弁護士一家殺人事件―神奈川県警刑事部
2―松本サリン事件―長野県警刑事部
3―假谷さん事件―警視庁刑事部
4―地下鉄サリン事件―警視庁刑事部
の報告書が必ずあるはず。各警察署にはあるだろう。欲しいなあ。

どなたか原本でも、全部写しでも送ってくださると幸いです。
秘密は守りますから。

警察庁長官銃撃事件についても、内部向けの総括報告書もあるはず、ほしいなあ。
苫米地さんに依頼したことは、総括されているのかなあ。彼が催眠手法をとることから、記憶の書き換えもあるのではと思われてしまい、司法の場では信頼性をなくしてしまうもの。依頼すべき相手ではなかった。それが厳しく総括されるべきですが、書かれてあるのかなあ。
3



2010/3/31  23:23

投稿者:氷室

この報告書を読む限り、やったのはオウムで間違いなさそうですね。

苫米地の催眠以前に、元巡査長がマンションの下見をしてたのは事実でしょう。
それに加えて、付近にいたのが面通しで確認された別の信者もいると。

一人ならともかく、二人のオウム信者が、長官のマンション付近をうろついていたのは、とても偶然とは思えませんよ。
しかも、元巡査長には、撃ったかもしれない物的証拠もあるわけですからね。

もう一度、この元巡査長を調べられないんですかね?
いつまでも苫米地のせいにしてても、仕方ないですよ。

司法の信頼性以前に、そもそも催眠術など、医学的に実証されてる訳でもないでしょうに。
記憶の書き換えなどと、あたかも今現在で実用化されてる技術のように言わないで下さいよ。
いつからトンデモ科学の信奉者になったんです。

もしかしたら、元巡査長のほうが苫米地を騙してる可能性だってあるじゃないですか。
催眠術が学会で認められた実体のある学問でもない以上、滝本さんが言うほど苫米地は影響してないと思いますよ。
ソーマーは依存心が強いんですよ。

後は、やはり早川でしょう。
この人だって、本当に目が覚めたのかどうかなんて、本当の所は分かりゃしませんよ。
もしかしたら、逃げてる仲間をかばうためでなく、教団存続のために黙ってるのかもしれないんですし。

真相解明のためには、もう一度、全員を洗いたい所ですね。
私は、今回の警察の報告書公表は支持しますよ。

2010/3/31  20:35

投稿者:ほぼ失業者

教団側(ア○フのほう)が、報告書を警視庁のホームページから削除するように要求してきたようですね(午後7時の某公共放送のニュースで、A氏の会見の映像が流れてました)。これぞまさに、先生がブログで書かれたような「引締めに利用」ってやつですか。それにしても、平成7年の一連の事件当時にはまだ若かったA氏(テレビ等で見た限り)ですけど、だんだん老けてきたような・・。白髪になるまであの教団にいるつもりなのでしょうか?確か日本で2番目?に偏差値の高い大学を出ていたヒトでしたね(滝本先生を襲撃したグループの1人であるA元弁護士もその大学だったかな?)。

そういえば、ウチで購読している地方紙というかブロック紙のC新聞(関東ではT新聞ですね)の朝刊の、「話題の発掘 ニュースの追跡」というコーナーで、警視庁が昨日出した所見(まあ、この報告書、のことです)についての狙い、について特集してましたけど、先生のコメントも少し出てました。「・・事件はオウムが関与した蓋然性は高いと思っている」 この部分は、日頃先生のブログを読んでいる人間として納得です。
その後「そうだとしても、捜査機関が、こんなことを言ってしまっていいのか。関係者から名誉毀損訴訟を起こされるのでは」とありますけど、まさにこの先生の危惧が、早くも起こりそうなア○フの会見報道になったわけですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ